『高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選』は権威ある薬学博士でもある佐藤貴繁さん(杜の都の漢方薬局運龍堂代表)監修により
高血圧症の正しい知識を世の中に広めたい
という強い想いと
さまざまな許可を経て
情報自体も常時最新の状態で作成されているコーポレートサイトです。文中や写真、図式説明についてのご相談は
当サイトから運龍堂リンクまで直接ご連絡くださいませ。
※高血圧の副作用によるめまいやたちくらみで悩んでおられる方は実際非常に多く
お問い合わせ自体でも現況を見てもかなり多い状況となっています。私共々では
めまいがないように血圧を下げる漢方などもありますので、本サイト限定の特別サービスでもある
『薬学博士による無料メール講座』で正しい高血圧対策方法の知識をより身につけていただいてご相談くださるのでも構いませんし、いつでも遠慮なくご相談下さいませ。
2017年2月10日

【杜の都の漢方薬局運龍堂代表】
*薬学博士 監修
佐藤 貴繁さん
佐藤貴繁『運龍源』

プロフィール
薬学博士 佐藤貴繁(杜の都の漢方薬局運龍堂代表)
1977年 北海道生まれ、北海道立札幌南高等学校、北海道大学薬学部を卒業
2003年 薬剤師を取得
2006年 北海道大学大学院薬学研究科生体分子薬学専攻博士後期課程を終了後、博士(薬学)を取得
2011年「福祉社会法人 緑仙会理事」に就任
2012年「杜の都の漢方薬局 運龍堂」開局
2013年「宮城県自然薬研究会会長」に就任
2016年「宮城県伝統生薬研究会副会長」に就任

高血圧症を改善する薬はどれぐらいのパターンが存在するか?

高血圧のお薬01
高血圧症を改善させるために必要な用途は3つに分かれています。

  • 高血圧症となる原因の物質自体を減らす
  • 血管自体を拡張させる
  • 漢方により血管内の巡り自体を改善して体に負荷なく、在るべき自然な血管の状態に戻していく

以上の方法により高血圧症の各いずれかの
お薬を使って意図的に改善させていきます。

3つあるということは
血圧が上がる原因自体は
1つではなく度重なっているからです。
漢方による方法についてはこれら全てを担って
安心安全に改善していくことが可能となっています。

更に病院で主に医師から処方される
高血圧の薬自体は全部で8種類もあります。

更に高血圧の薬の役割や意味もあり
高血圧の薬は降圧剤とも言われています。
生活の習慣を改善すれば高血圧は下がることが多いのですが
中には習慣を改善したからといって
高血圧はあまり下がらない人が意外と多いのです。

そういった
高血圧があまり下がらない人が更に高血圧を下げなければならない時
既腎臓、心臓、肝臓などに持病を抱えていてより悪化する人にとっては特に日々飲んで目標値を維持し続けるためのものとして
高血圧を下げるための薬(降圧剤)が意味合いとして在ります。

高血圧を下げる理由自体も症例別でも

  • 脳(脳卒中、脳出血、脳梗塞、認知機能障害、一過性脳虚血発作、)
  • 心臓(心臓肥大、狭心症、心不全、心筋梗塞)
  • 腎臓(腎不全、尿蛋白、腎障害)
  • 血管(閉塞性動脈疾患、大動脈解離)
  • 眼(高血圧症網膜症)

への負荷も減り
後遺症と最悪死にも繋がる恐ろしい合併症を引き起こすリスクを減らすためそして
健康体で在る人と同様の生活習慣を送り続けることができるようにするために血圧を下げる必要があります。

ですので
それぞれ高血圧症の薬について使い方や注意点が読み終わる頃には
他ではあまり知ることができないお得で満載な情報も分かるようになっていますので
これから高血圧症の薬(降圧剤)を飲んでいる人やこれから飲む人は是非最後まで読み進めてみてください。

健康診断にて貴方も高血圧症と診断される!改善までのススメ

病院ではまず医師から血圧を測る機会を得て
自ら判断できるものとなります。

はじめに合併症を引き起こしたことの有無など詳細のアンケートにチェックを入れて
血圧測定器で測定します。

高い人ですと
医院に設置してある機械なら
目安の血圧値は
上(収縮期血圧)は140mmHg
下(拡張期血圧)は90mmHg以上が高血圧と診断されます。
また、お家にあるような市販の血圧測定器となると
上(収縮期血圧)は135mmHg
下(拡張期血圧)は85mmHg以上が高血圧と判断が出来ます。1987年の基準は180mmHg/100mmHgとなっていましたが
年々高血圧による基準値というものも
厳しく引き下げされています。
元々死亡の確率も上がってくる血圧値というのも実際には
160mmHg/100mmHg以上からとなっていますから
処方される薬の量自体が明らかに過剰に年々増えてきています。高血圧が持続された状態の人の場合
必然的に血管の中で血が固まりやすくなり
動脈硬化が進行し心筋梗塞および脳卒中となる可能性が非常に高くなり最悪の場合、後遺症が残ったり死に至ります。

一般的には高血圧症の人の血圧の高さのリズムは
朝は起きた時から高く(脳卒中と心筋梗塞にかかるひとは大概この時間帯に発症しています。飲酒・腎臓・睡眠・無呼吸障害などで夜寝ている間も高血圧の人が朝急に動くことで発症する。)
そのまま午前はずっと高い状態で
午後13時ごろは少し下がり
夕方16時ごろからまた高くなり
夜となる頃には下がり
眠る頃には正常値近くまで下がります。

中には
市販とされるお薬トクホのサプリメント形状のものやネットで外国から輸入されている高血圧の薬を手軽に買おうとしている人もやめておいたほうがいいでしょう!

なぜなら日本では医療用の医薬品しか患者に提供するものとして認可されていないのと高血圧の薬は市販薬として販売自体が認められたものではありません。
医療として認可されている薬以外を使用するときは医師または薬剤師に相談の上での判断が必要です。

漢方薬の場合にはまた別になります、今となると医師が患者に漢方薬を処方する割合は8割もいるとされています。

厚生労働省から許可を経ている漢方薬(150種類を処方)の場合は
医療用漢方製剤として
保険適用で1割から3割負担で手に入れることが出来ます。
処方箋を持っていない方は全額負担となります。

漢方薬にも様々なものがあり健康食品としたものと医薬品のものと分かれています

一般的に医薬品として使用されている漢方薬については
対象とされる病気の症状自体にピンポイントを治療するためのものですから、体のどこかの器官や内臓が限定的に痛い場合に服用して症状が和らいで良くなれば服用を中止します。

ですが健康食品として提供されている漢方薬の場合は
体調不良や全身倦怠といった体の状態で常用し
良くなったら辞めるのではまた再発し兼ねませんので
体質自体を高血圧体質から健康血圧体質になったと言えませんので健康食品の効果も半減します。

健康食品自体が担うべき役割というもの自体には
その人の体質自体から改善していくといった根本的資質から治癒させていくというところにあり
ピンポイントで治療するような医療用漢方製剤とは違い
体全体を改善していくところにあります。

ですので健康食品の場合にも長期的に摂り続けてかつ健康体質として長生きし続けることが目的となっています。
更に副作用や体への負荷も少ないことから健康食品として毎日飲み続けられるものなので医薬用医薬品として厚生労働省として認可されている高血圧のお薬の副作用などを考えると価値ある安心して使用できるものとなります。

一般的な高血圧の医薬品の場合は医師から
持病や合併症は大丈夫であると判断された人に限り
以下の流れにより高血圧を改善するための流れを経て
高血圧のお薬を処方されることになります。

高血圧症の3段階各種にて処方される薬の種類や用途

各医師からは貴方の症状に対して段階的に判断され高血圧のお薬を処方されます。
一般的には重い症状や体質順に処方される薬自体も研究結果や臨床成果、論文の共有から指定されているものなので副作用よりも改善に重きを置き数段階と各階層に数種類とに分かれます。

基本的には「積極的適応性の少ない高血圧症」の人に限り3段階を経て処方されています。
それでも経過を更に見る人は「治療抵抗性の高い高血圧症」とされ最後の砦4段階目に入ります。

内臓が悪化している急激に血圧が上昇している状態に限り早急に高血圧を下げなければならないと判断された場合

例えば血圧が明らかに高すぎる妊婦や高血圧脳症や急性心筋梗塞・大動脈解離などの生命維持すらも大変なので最終医師が患者の状態を見て全て判断します。

そして
直接血管に点滴により高血圧の薬を投与する方法を行います。この方法は早くて数分〜10分すれば高血圧はほぼ確実に下がります。

そして処方される高血圧の薬も
一段階目は処方される薬の種類は1つ程度だけであることが多いのですが。
一般的には二段階、三段階では
合成された高血圧の薬を処方されます。

日本ではこの合成された薬は認可されているのは
今のところ計2つとされ
  • Ca拮抗薬+ARB
  • 利尿剤+ARB

の組み合わせとされています。

種類が増えるため体への負荷も考えられ
処方され実際に服用する量自体は減りますから
お薬自体の費用もそれぞれ一錠140円代が相場ですが
およそ一錠3.5円も安くなるのでそれ×31日=毎月109円年間1300円も安く抑えられるのも特徴的です。

そしてジェネリック薬も選択できるようになってきて新薬開発も進んでいるので今後も多くの種類も増え日本でも高血圧のジェネリック薬が使用できる数も増えより合剤も安価で手に入れられるようになってきます。

一般的にも段階を踏んだ高血圧を薬によって降圧していくので
意識的にそれぞれ別に一粒一粒高血圧の薬を飲んでいる人と比べると
かなり高血圧が抑えられ下がっていくということがわかっていますのでこの合成剤は
第1段階でダメだった人にとっては副作用さえなければ、非常に協力的な改善方法とは言えます。

持病や体質に特徴がある人で処方される薬も区別されている

持病があると一般的に処方される薬とは異なる方法で違った持病に向けた組み合わせによりより安全に高血圧を下げるための以下の組み合わせにより薬が処方されます。

  • 不整脈:β遮断薬+ca拮抗薬
  • 慢性の脳血管障害:サイアザイド系利尿薬+ARB・ACE阻害薬
  • 過去に心筋梗塞歴がある:β遮断薬+ARB・ACE阻害薬
  • 糖尿病:ARB・ACE阻害薬
  • 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん):ARB・ACE阻害薬
  • 狭心症:β遮断薬+ca拮抗薬
  • 心不全:β遮断薬+サイアザイド系利尿薬+ARB・ACE阻害薬
  • 骨粗鬆症:サイアザイド系利尿薬
  • 心不全:β遮断薬+サイアザイド系利尿薬+ARB・ACE阻害薬

左室肥大:ARB・ACE阻害薬+ca拮抗薬

  • 慢性の腎臓病(タンパク尿がマイナスの場合):サイアザイド系利尿薬+ARB・ACE阻害薬+ca拮抗薬
  • 慢性の腎臓病(タンパク尿がプラスの場合):ARB・ACE阻害薬

 

持病が酷い人だと以下の場合もあります。

 

  • サイアザイド系利尿薬:糖尿病、痛風、妊娠、高K血症
  • ARB阻害薬:腎動脈硬化症、高K血症
  • ACE阻害薬:腎動脈硬化症、高K血症、血管神経性の浮腫、妊娠、アフェラーシス、血液透析、
  • ca拮抗薬:心不全、不整脈

 

β遮断薬:不整脈、喘息、糖尿病、閉塞性の肺疾患

三段階とはいえその人自身に沿った改善方法を
医師も慎重に選ぶので

例外としてはじめから合剤を処方される場合もあります。

そして
大概の患者に対して医師たちは
重い症状でない限り一段階目として以下の薬を処方されます。

この場合の診断結果は「積極的適応性の少ない高血圧症」と医師側は定義されそして

  • ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)
  • ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)
  • Ca拮抗薬(カルシウム拮抗薬)
  • サイアザイド系利尿薬
  • の4つの薬がそれぞれ選択されます。

各お薬の特徴や用途詳細などは以下の通りとなります。

ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)

高血圧症を引き起こす原因となるアンジオテンシンⅡの進入阻害の働きのある薬。このお薬も第1段階によく処方される傾向の強い高血圧症専用指定のお薬です。

主な処方される薬の種類は

  • オルメテック
  • ディオバン
  • アジルバ
  • イルベタンアバプロ
  • ブロプレス
  • ニューロタン
  • ミカルディス

です。

元々ACE阻害薬製品と役割は類似していますが
咳込みによる体へのリスクは無いので
ACE阻害薬製品による体への症状があった場合に限り
こちらのARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)へ医師から変えるように指定が入る場合があります。
ですがやや値段がARBのが上がります。

ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)の副作用や注意点

咳が軽く出ることがあるが高血圧の薬の中ではもっとも副作用が少ない薬とは言われています。

ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)

まず高血圧症状を引き起こす原因とされている最大の成分が
アンジオテンシンIといわれる物質でこの物質が
かなり厄介者で
血圧を上げる
アンジオテンシンIIに転換しますので
この転換期を壊してくれるのが
ACE阻害薬です。

また高血圧症の老舗薬としても
多くの病院でも処方され認知されている薬ですので
そういう意味では

病院側も何か合併症が起こった時にも比較的
対応のしやすい
患者への成果数も最も多い薬となります。

主な製品として

  • コバシル
  • カプトリル・カプトリルーR
  • アデカット
  • インヒベース
  • タナトリル
  • オドリック
  • プレラン
  • ロンゲス
  • ゼストリル
  • レニベース
  • エースコール
  • チバセン
  • コナン
  • レニベース
  • サタプリル

などなどが在ります。

リスクとして体に現れる症状があり

軽い咳込みがあります。
体の気道器官に必要なブラジキニンをも阻害してしまうため体内に溜まり続けるためにまれに空咳(からせき)が発症することがあるが細菌ウイルスにかかっているものではないので気にする程度ではありません。

またこれらを利用して
高齢者特有の気管が詰まりの対策ともなるので
実際には咳込みの発症を逆手に処方されているケースも多い。

これら副作用は数週間で飲むのやめた時に徐々ではあるが落ち着いてくるまた飲み続けた場合には飲んだ半数は症状はかなり軽くなるということがわかっています。

ほかに
経過を見つつ
高カリウム症に注意が必要で
口や喉や目が腫れぼったくなったりすることがあります。

Ca拮抗薬(カルシウム拮抗薬)

もっとも高血圧症の人に処方されやすいお薬です。

Ca拮抗薬には2種類に分類されています

  • BTZ(ベンゾチアゼピン)お年寄りに使用できない短時間専用で副作用が強い
  • DHP(ジヒドロピリジン)主にアムロジピンは長時間使用でき副作用もなく長時間大きく働きかけてくれる

の2種類があります。

高血圧を改善していくにあたって
体の負担を考えると長時間使用できるものが選ばれます。
当然DHP(ジヒドロピリジン)類が処方されることが多く
更に1日一回1錠5mgを一度だけ飲めば30時間以上持つことが分かっています。
さらに血管を広げてくれますから当然高血圧も下がります。

さらに利点として各臓器にも
血の巡りを保ち続ける働きもあるので
血が足りなかったらどうしても体の巡りが悪い
多くのお年寄りにも使用され続けています。

字のごとく、血管を収縮させる原因となるカルシウムのイオンを血中に進入しないように高血圧対策をするための薬。

リスクでもある体への負担(少々動機や顔の火照り、頭痛程度が起こる可能性はある)も少ないために1段階目に処方されることの多い薬として知られています。

先行薬として

  • アダラート
  • アムロビジン
  • ノルバスク
  • ニバシール
  • セパミット
  • ヒポカ
  • カルブロック
  • ムノバール
  • スプレンジール
  • ランデル
  • アテレック
  • カルスロット
  • コニール
  • アダラート-L
  • セパミットR
  • ペルジピン
  • ペルジピンLA
  • バイロテンシン
  • ベック
  • サプレスタ
  • バイミカード

が在ります。

ベンゾチアゼピン系はヘルベッサーやヘルベッサーRが在ります。

処方され飲む時の注意点

体の中で薬をバラバラにするための役割を持つフラノクマリンの属性成分(フラノクマリンを含む代表的な食べ物:グレープフルーツ)が小腸の酵素(通称CYP3A4)の分泌を阻害しますから
Ca拮抗薬の体内での感受性や薬の効き目を強く余計に高めてしまい血圧が低くなりすぎたり合併症をも
引き起こしてしまう可能性が非常に高くなるので摂取量が増えるのと同じことなのでフラノクマリンを特に多く含む食べ物中でもグレープフルーツは控えて下さい。

少しだけ飲むだけなら大丈夫でしょう?と感じるかもしれませんが
実際に数百mlを摂取しただけでも
かなり血圧が低下してその状態が1週間続き合併症も悪化し続けた事例もあります。

更にグレープフルーツやフラノクマリンを多く含む食べ物を食べてか5日は開けてから服用するようにという決まりもあるほど体の中のフラノクマリンの量の規制は厳しくされているほどですので要注意です。

人間は薬を服用した時
口→食道→胃→小腸にある血管内に入り→肝臓→心臓→全身
という流れで効いていきます。

ですので
通常なら小腸にある血管内に入る前にばらばらにするための小腸の酵素(通称CYP3A4)の分泌自体をフラノクマリンが阻害してしまいますから血管内に入る量が通常よりも増えてしまうので効き目がかなり上がってしまうためグレープフルーツと一緒に摂取すると血圧が異常に下がってしまう副作用があります。

ほかに
更に手足がむくむようになったり

また
心臓の代謝をやや落としてしまう働きがあるので不整脈や心臓に持病があり方酷い症状の方には血栓ができ合併症を引き起こすので処方されません。
ほかに頭痛がしたり体が暖かく感じることがあります。

サイアザイド系利尿薬

血液中に含まれている水分類血漿類を尿化させ高血圧を下げるお薬です。
利尿薬としても区分もされてますが
中でも特に安全な
サイアザイド類に区分されている利尿薬も
第1段階目に良く処方されるお薬です。

利尿薬は血圧が高くなる原因の1つである
血液中の水の量が多くなることで高血圧になる症状に着目した用途に使用します。

利尿薬は塩が水を吸収する特徴を生かしています。
利尿薬の成分が腎臓に塩を体外へ排泄するように多く働きかけます。すると排泄機能も高くなるために
水分を含んだ塩が少し多めに排泄され血液中の水の量が少なくなり
血圧が下がっていく方法を利用した高血圧のお薬(降圧剤)です。

種類も

  • ベンチルヒドロクロロチアジド
  • ヒドロクロロチアジド
  • フルイトラン


サイアザイド類似利尿薬の場合にはナトリックス、ノルモナール、バイカロン、アレステン、テナキシルがあり

カリウム保持性利尿薬はセララ、トリテレン、アルダクトンAなどがあります。

中でも
利尿の排泄能力の役目を果たす腎臓機能においても
ループ利尿薬類として区分されている『ラシックス』は指定として慢性の腎不全の人にも使用しても良いとなっているために高血圧症時によく処方されます。

サイアザイド系利尿薬やループ利尿薬類類を服用する際の注意点

「低カリウム血症」
「高カリウム血症」
といわれる副作用が在ります。
ナトリウムとカリウムの比重が合わなくなり体に異常が起こり
あらゆる合併症の原因となっている。

カリウム保持性利尿剤による降血圧力自体は元々はあまりあるものではありませんが
カリウム保持性利尿剤を服用することで

  • 低カリウム血症を止めようとする力
  • 腎臓だけでなく心臓の保護
  • 特有の高血圧の原因に対して降血圧力があります。

が認められていますが
カリウム保持性利尿薬は高カリウム血症に注意が必要です。

ほかに
脂質異常が見られます。
痛風となる原因である高尿酸血症になったり
脱水症状が現れることがあり
血糖値が異常に高くなったり
といった副作用が在ります。

4段階目によく組み合わせて処方される薬の実際

三段階を経ても血圧値が良好でない場合には
どの病院でも基本的には
「治療抵抗性の高い高血圧症」である。
と診断されます。
となるとまた別の高血圧症の薬が処方される訳です。

  • α遮断薬(あるふぁしゃだんやく)
  • 直接的レニン阻害薬
  • β遮断薬(通称βブロッカー・べーたしゃだんやく)
  • 中枢性交感神経抑制薬の副作用

などがあります。

α遮断薬(あるふぁしゃだんやく)

血管内に存在するα受容体とノルアドレナリン交感神経に関する物質とがお互いに接触し合うと血管が収縮します、ここで字のごとくα受容体を遮断し血管の収縮に貢献し高血圧症を下げる働きのある薬です。

処方される薬の種類も

  • カルデナリン
  • ハイトラシン
  • デタントールR
  • デタントール
  • レギチーン
  • エブランチル

があります。

また以下の例外症状の際にも処方されます

  • メタボリック肥満症(合併症と認められた時のみ処方される場合有り)
  • 褐色細胞腫
  • 早期高血圧

直接的レニン阻害薬

高血圧の原因のアンジオテンシンIIを抑えるための比較的まだ出てきて若い薬です。
アンジオテンシンIIを抑えるので
働きはACE阻害薬と同類ですが
アンジオテンシンIが生成されるために必要な
物質レニン・アンジオテンシン系サイクルの
レニンと定義される物質を抑えるお薬です。
アンジオテンシンIIの濃度自体抑えていくことが可能な役割を果たしています。
よく処方される製品名はラジレスです。

β遮断薬(通称βブロッカー・べーたしゃだんやく)

心拍数から派生される交感神経に付随している
β受容体を字のごとく遮断してしまい
心拍数を下げて血圧自体をも下げる大きな役割を作り出すことは可能なお薬です。

よく処方される製品名として

  • ケルロング
  • メインデート
  • テノーミン
  • ロプレソール
  • インデラル
  • ナデイック
  • ビソノ
  • セロケン
  • セレクトール
  • ハイパジール
  • ナディック
  • ミケラン
  • ミケランLA
  • カルビスケン
  • アセタノール
  • フロクリンL

のお薬です。

元々高血圧症で心拍数の高い人は
疫学的にも
死亡するリスクが高くなることが証明されていますので心疾患などをさらに偶発しますから
心疾患患者に処方されます。

β遮断薬の代表的な副作用

血中で脂質異常が見れられたり糖尿病が悪化する恐れがあり
ぜんそくの人が飲むと悪化する恐れがあり
脈拍数が遅くなるなどの不整脈の副作用があります。

中枢性交感神経抑制薬

延髄血管運動中枢a2受容体へ働きかけることで交感神経を抑えて血圧を降圧が可能に。

処方されるお薬は

  • ワイテンス
  • アルドメット
  • カタプレス

があります。

中枢性交感神経抑制薬の副作用

口の中の乾き、眠気が出たりします。
どうしても使用しなければならない限り
あまり処方される機会自体は多くはありません。

ですが眠る前などに服用することで副作用を感じにくくすることができます。
強みは腎臓が弱っていたり持病がある場合にでも使用できるのが利点で使用できます。

赤ちゃんへの新性血管生成中に引き起こっているとされ未だ原因は明確ではない妊娠高血圧症候群に使用されることが多くメチルドパと呼ばれる高血圧のお薬が処方されます。

副作用はやや肝臓に悪影響となり疾患が出やすくなったり立っている時に揺れているように感じたりする。

他の合剤で処方される高血圧の薬

1つ1つの2種類の薬が1つの薬になっている薬を合剤と呼んでいます。

  • アムロジピン・スタチン配合剤:カデュエット
  • αβ遮断薬:アロチノロール塩酸塩、トランデート、アーチスト、カルバン、ローガン

など様々なものがあります。

高血圧症の薬をより体に負担のないように使用する方法とは?

当然ですが日頃から

  • 心拍数の上昇を避ける
  • 高血圧となる生活習慣からの脱出

された
生活習慣を続けることが大前提で
高血圧症専用の薬を使用していきます。

飲む回数をいかに減らして長時間薬の効果を持続させるかが重要

病院で出されるお薬は
1日1錠のものが大半を占めることとなりますが
市販や人によっては
一日2錠飲まなければならない人もいます。

自分に合った飲むタイミングを見つけることが大切になってきます。

朝からも良くアドバイスとして
伝えられることであろうかと思っていますが
一般的には
高血圧症のお薬は
通院してからも
3ヶ月早くても2ヶ月で正常の閾値まで持っていくと体へのお薬の合併症の偶発率も下がりますが

もともと心疾患のある人はより短期間1ヶ月以内で高血圧症を
下げるような習慣を
医師から指示通りに求められますから
その通りに降圧していきます。
決して

  • 飲み忘れの分を一気に飲む
  • 医師に相談なく他の薬と併用して服用する(市販の風邪薬など)
  • 繰り返しになりますが高血圧のお薬を服用期間中は誤ってもグレープフルーツジュースは飲まない

ようにしましょう。

医師によって高血圧症の下がる期間やリスクが多少変動する

薬の飲み合わせなどは
指定されたものではありますので

処方される薬自体
医師の判断に多少依存する所がありますので
同じ患者でもお薬の種類や適量が多少異なる場合があります。

こればっかりは仕方がない事ですが、
飲み合わせのリスク自体指定されているものなので
まずそこまでは心配する必要は本来ありません。

日本人の3人に1人が高血圧と言われています、
周囲で評判の良い同じ医師に来院されると
より安心して通院することが可能ですね。

高血圧の薬の副作用10選【実録】超危険!薬学博士も驚愕

高血圧の薬の副作用で悩んでいる平均年齢は50代から急激に増え70代程度までの方が多いかと思います。
なぜこんなにも高齢者に多いのかと言いますと。

日常的に持病による薬により数種類も薬を飲んでいるからということだけではないからです。
じつは加齢とともに薬の効き具合も変化してくることがわかっています。
薬を分解するから排泄までの流れで
口→食道→胃→小腸→心臓→全身→肝臓などで分解→腎臓→排泄
を経ていますが。

高齢者となりますと肝臓や腎臓の働きが弱く遅いために分解が遅れ体に薬が残る量が多くなりますのでどうしても薬の効果時間が長時間となったり排泄までの時間が長くなるので
高血圧の薬が効きすぎてしまう体質であるところにも意外と原因があります。

ですから高齢であるほど年齢を重ねるほど
若い頃と同じだとは思わずに素直に薬の量は減らすことが大前提の方が多すぎる薬や副作用とならないように身体にはかえっていいということが起こります。

そして
医師に自分が飲んでいるお薬の量とお薬の種類を伝え副作用を抑えるためにも
管理するお薬手帳は常に大事に保管しておくことも必要です。

高血圧の人が
高血圧の薬自体に求めていることは
自律神経系の副交感神経と交感神経に働きかけて(副交感神経と交感神経はよくシーソーに表現されます。
副交感神経が働くと交感神経が働き交感神経が働くと交感神経が働くといった環境で体はできています。)高血圧を改善する方法です。

この時に発症する
実際に引き起こる副作用について
それぞれ10パターンにてご紹介しますので
非常に役に立つ知識や知恵となろうかと思いますので高齢となりつつあったり高血圧でお悩みの方は知識として特に取り入れて置いてみてください。

高血圧の薬の副作用による眠気の原因と対策【1選目】

高血圧症の人が眠気を発症している原因として
不眠症であることと
交感神経が抑えられて眠気が極端にひどくなる高血圧の薬自体が体質に合わない人
の2つ分かれます。

不眠症である場合

脳や体腰や首や肩足そして目などの疲れが取れないので昼間起きている時に疲れを取ろうとして副交感神経が働き眠気が続きます。

血管も劣化が早いので血圧が上昇しやすい体質となり更に不眠症や眠気が酷くなっている方が多いです。
実は高血圧の人にアンケートを実施した結果
高血圧の人の約半数が不眠症で悩んでいることが分かっています。

この場合、高血圧の薬の副作用で眠気が出ているのではなくて
夜の不眠症により体の疲れが取れないので昼間に眠気が出ているだけということがわかります。

高血圧の人が不眠症であることの原因とはなんなのでしょうか?
それは高血圧の人の約半数が肥満による睡眠時無呼吸症候群と過度の心身へのストレスである確率であるということです。

不眠症により高血圧になるということもわかっていて
寝ずに起きていると寝る時間なのに起きているので交感神経が優位に働きつづけているので血圧も当然高くなります。
動脈硬化も進み更にストレスなどで悪化して慢性の高血圧に繋がっている人も多いのも事実です。
高血圧は眠気や睡眠とあまり関係ないように思いますが
複雑に絡み合っています。

高血圧の薬の副作用で眠気が酷くて合わない人の場合

交感神経は体をアクティブに動く時に働く神経で交感神経は『闘争と逃走の神経』とも言われ体が興奮した状態に活動します。
血圧上昇、興奮、気管支拡張、血管収縮、瞳孔散大、心機能亢進の働きがあります。

副交感神経は交感神経とは全く逆で体を落ち着かせるための役割を果たす神経です。体がリラックスしている状態の時の睡眠や食事中に活動します。心機能抑制、胃酸分泌、腸管運動促進、大量唾液の働きがあります。

高血圧の薬を服用することで交感神経を抑制する働きがあります
すると副交感神経の活動時間が体の中で長くなります
そうなると体がリラックスしている状態の時の睡眠や食事中と同じようになるため
当然眠気が現れてきます。

例えば食事後は良く眠くなってくるといいます。
これは低血圧である人ほど顕著に現れ体が非常にリラックスし副交感神経が活発になるために引き起こるためです。
なぜかと言いますと
消化される内臓器官に血量が偏り、脳の血量がやや減るために眠気がしています。

他にも言えることで
副交感神経が働くと血流が一箇所に偏るので
脳の血流が減るから眠気が起こるという事です。

また
交感神経が抑えられて
何かの拍子で血圧が低くなりすぎてしまうと
酸素が活動するために必要な脳へ栄養や酸素などを運ぶ量が低下するので脳の活動が低下して眠気が出ることもあります。

脳の特徴として熱や無酸素状態に非常に弱く
それぞれ欠乏すると顕著に体に眠気として症状が現れます。

交感神経が抑えられて
日常生活を送るのに例えば運転時などに眠気が極端にひどくなる高血圧の薬自体が体質に合わない人は
飲むのをやめ医師に相談し医師の通りに治療することが大切です。

交感神経に影響する高血圧の薬の種類は
ACE阻害薬、β遮断薬、α遮断薬、ARB阻害薬、中枢性交感神経抑制薬、利尿剤などがあり

明らかに眠気が続いたり頭がフラッとしたり
するときは服用を中止したほうがいいです。

不眠症と高血圧の薬の副作用の人が行うべき生活習慣とは?

不眠症の場合よくある悪い習慣の1つとして
寝る前に交感神経の活動を活発化させてしまうところにあります。
例えばパソコンやスマホをいじったり、運動をするといった習慣です。

そして、昼間や夕方に長時間寝ると夜間眠れなくなってしまうことがあります
1日の体内時計を明確にしておく必要もあるために
朝起きたら太陽の光を浴びて一日の活動の知らせを行い
夕方なる前の14時前の昼寝時間も30分以内に押さえておきましょう。

寝る前は副交感神経を活発化させるために就寝前には体をリラックスさせておく環境を自ら整えて作っておく必要があります。

高血圧の薬の副作用による認知症の原因と対策【2選目】

高血圧の薬は副作用として認知症になるのか否かが問われています。
まず起こる認知症の原因として
高血圧症を放っておくと
脳の中の血管がものすごい速さで動脈硬化が進み
血管内が狭くなることにより脳内の血管内が最悪詰まってしまい酸素や栄養が行き渡らなくなってくると
先にあるはずだった脳の細胞が消滅してしまいます。

そうすることで脳血管性認知症となります。

高血圧を下げ血の巡り自体をよくすることで
脳血管性認知症を避けることができます。

ただでさえ肝臓や腎臓機能も低下して薬が体内に留まる時間が長くなり、効きすぎるので副作用によるリスクも付きまとうわけです。

中でもARB阻害薬は血管の収縮を阻害することで知られていますが
このARB阻害薬を服用した人は脳の血流の巡りが良くなったので認知症の発症が少なかったという結果も出ています。

ですが、これは稀なケースであって
反対に副作用により認知症になるということも明らかとなっています。

実際に50代から60代の御老体の心臓と血管のポンプの働きが悪くなっている御老体に対して
高血圧の薬を使用すると血圧が下がるのはわかるのですが、脳の方へ地球の重力に逆らった元々血流を流す力もないので老人には脳の奥深くまで血流が行き渡らなくなります。
こういったことが起こることで様々な合併症や認知症へとなります。

しかも年齢が高齢になる連れて
一般的に処方される薬の種類も増えていく場合が多いのですから
より認知症のリスクも必然的に高まることはわかります。

しかも体が弱ってくる年齢となると高血圧以外にもあらゆる場所が病気となりその病気の治療もしなければならず他の病気の薬例えば鎮痛薬、睡眠薬、胃の薬、便秘のお薬と重複して処方されていますから
必然的に人間は60歳を超えてくると顕著に薬の副作用が体に与える悪影響についてより知識もつけ審議になって考えていく必要がなければ認知症のリスクもより高くなるということが言えます。

特に高齢者に注意が必要な副作用が大きい薬は医師たちも重々承知の上で処方しています。
実際に副作用が強いリストがあり
"高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2017"(日本老年医学会)の医師専門の雑誌に29種類の薬と呼吸器疾患、循環器疾患、うつ病、糖尿病不眠症、認知症、高血圧とどの病気にどう悪影響があるのかがしかも詳しく記載されています。

恐いのがすべての病気に処方される薬自体に認知機能の低下が認められているという事実です。認知症を発症するリスク自体も高まると分かっています。

慢性化するとほぼ間違いなく出る副作用が
ふらついたり話したりする言葉が出なかったりわすれものがふえたり、食欲が低下したり、便秘や排泄機能に障害が出たりします。
ふらついたりして転倒すると腰や足を骨折するということが
実際に多発しています。

年が来てから骨折すると寝たきりとなる可能性も高く非常に危険です。
直接関連性はありませんが
寝たきりとなると認知力が習慣的に低下するので
認知症にハイリスクでなりやすくなります。

しかも、それぞれの医師があなたの体に何が起こっているのか今飲んでいる薬は何かを十分に理解していないと全然異なる逆効果のお薬が処方されたりとよりリスクも高まりますので
最新の医療技術を持つような評判のいい病院や医師に診てもらうことをあなたが後悔しないようにお勧めします。

ですので老体には高血圧の薬は少々きつく感じることがあります。
よく質問があるのが血圧が148とさほど高くもない患者に高血圧の薬を処方していることを知った時です。
しかもその患者は認知症を発症してしまいました。
老人ほど血圧はやや高め140〜150であったほうがかえって体にいい時があります。

ですが御老体ではなく
元々年齢が若い人の場合血圧がかなり上がったとしても脳自体に高血圧や低血圧に対しての自動で調整する機能という自己治癒力がありますので
平均値に保つ能力が高いのですが

血管内が特に動脈硬化で元々悩んでいるいるような老体であると若者のような血圧を調整する機能がほぼゼロですので
その中で高血圧の薬を服用し始めると
血圧を下げすぎてしまうと
ただでさえ機能が低下しているのに当然重力に逆らって脳まで血流が流れにくくなっているということもあり
脳まで血流が行き渡りづらくなります

ですので血管のポンプ機能が低下しているので
高齢者は血圧が150程度でも気にするほどでもないということはわかります。

高齢者の人は徐々にゆっくりと安全に生活習慣の食事や運動療法から
体の調子と適合させながら血圧を下げていくことで認知症予防となりえます。

高血圧の薬の副作用による便秘の原因と対策【3選目】

便秘となる原因も人によって様々ですが
よく気づかぬうちに引き起こる原因が
様々な持病を抱えていて数種類の薬を普段から服用している人に起こりやすいといえます。
考えても考えてもわからない人はじつは薬の副作用であることが多いです。

若い方には縁が無いかもしれませんが
特に高齢者となってくると周りの友人や同年代の人の話を聞くと
不眠症、高血圧、頻尿の悩みが多くなってくることがわかってくると思います。

それぞれ処方される薬がじつは副作用として便秘となりやすいということが分かっていますのでそれぞれ高血圧の薬以外でもなぜ便秘になりやすいのか?についてご紹介します。

カルシウム拮抗薬が便秘を誘発する

中でも高血圧の薬の場合便秘になりやすいのが
カルシウム拮抗薬です。
カルシウム拮抗薬の働きに付随しています、
それが血管を広げて血圧を下げるまでの動作の時に
血管の周囲についている血管の筋肉の平滑筋の中のカルシウムイオンを通らないようにすることによって血管を縮まないようにして血管を広げて血圧を下げます。

この時にカルシウム拮抗薬が腸管の平滑筋にもカルシウムイオンを通らないようにすると腸管が開いたままになったり動きが鈍くなるのでカルシウム拮抗薬の高血圧の薬が便秘の原因となります。

頻尿の薬(抗コリン作用薬)も便秘を誘発する理由

人間は尿を出す時に
神経の伝達をさせるアセチルコリンの分泌を活発化させて筋肉が反応して縮んで尿を出そうとします。
このアセチルコリンを阻害して膀胱を縮ませるのを阻害し尿を保つように促すのが抗コリン作用薬です。
抗コリン作用薬のように活動を抑制する体質にする薬は副交感神経(排泄機能を促す機能を持つ神経)の活動も抑制するので交感神経(血圧や心拍数を上げる神経)が強く働きます。ですので体内の排泄活動も抑えられがちになるのでより便秘を促します。

不眠症の薬(ベンゾジアゼピン系薬剤)が便秘を誘発している理由とは?

不眠症で悩む高齢者は多く
ベンゾジアゼピン系薬剤は睡眠導入剤ともいわれています脳内にあるあらゆる機能のブレーキ機能を持つGABAニューロンといわれる神経物質を刺激して多岐にわたる神経細胞自体を抑制します。
ですので通常では睡眠中も排泄活動を行う副交感神経にもベンゾジアゼピン系薬剤がGABAニューロンを経由してピンポイントにブレーキをするように指示を脳から働きかけるので当然便秘になりやすくなります。

ただでさえ便秘になりやすい人とっては
それぞれの日常的に服用する薬の相乗効果によって便秘を更に高確率で引き起こし更に悪化させるということも分かります。

便秘になりやすい人は腸内フローラを整えるためになるべく寝付きをよくして
7時間寝て
乳酸菌、オリゴ糖、水、食物繊維を乳酸菌の寿命は7日間なので日常的に多く摂るようにしましょう!

高血圧の薬の副作用による頭痛の原因と対策【4選目】

高血圧症に求めたアンケートでおよそ30%が元々頭痛で悩んでいるということからも分かるように
高血圧症である場合高血圧がなんらかの原因で頭痛に影響しているということも指摘されています。

薬によって頭痛の副作用が起こる原因として
血管を拡張する働きのある高血圧の薬を服用している人に現れやすくなります
というのも拡張する働きのある薬はすべての血管を拡張させますから
脳内の血管近くに在る器官や神経などと接触した際に頭痛が起こります。

新しい高血圧症の薬を飲み始めの頃や高血圧の薬を増やした時などに起こりやすいといわれています。
更に環境が高温の場所となると脳は熱を外へ逃がそうとします
ので熱に弱いので血管を膨張させて他の神経と干渉しあい頭が痛くなります。

薬で脳が痛くなったら
薬の量を減らす事で頭痛が軽くなる傾向があるので
頭痛が酷く感じるなら量を減らしてもらいましょう。

頭痛による合併症として引き起こる病気は
中でも
明らかに脳が痛いと感じる程度の頭痛により引き起こる病気で
『クモ膜下出血、高血圧性脳症』となっている可能性が高く。

高血圧性脳症は脳血管がむしろ腫れ上がり脳に圧が加わり頭痛が起こっている状態で
クモ膜下出血に至っては軽い頭痛が引き起こった後にある時を境に急激に鈍器で後頭部を思いっきり何度も殴られているような感覚に襲われます。すぐに周囲に助けを求め救急車を呼びましょう。

高血圧性脳症となるにも理由があり脳内で歌唱に増えすぎてしまった場合に脳内の血管から血液の液が漏れ出しますすると脳は膨張するし液が増えるので頭蓋骨と脳と脳内の血管から溢れ出た血液からの液が干渉しあって頭痛が起こります。
高血圧性脳症が起こるときの分かりやすい症状として意識がもうろうとしてきたり、体のけいれん、目が見えにくくなるなど現れてきます。

クモ膜下出血、高血圧性脳症による頭痛を引き起こさないためには
高血圧を下げるのはもちろん
急に血圧が上がらないようにするのも大切です。

高血圧の薬の副作用による貧血の原因と対策【5選目】

高齢者に多い症状で高血圧の薬を服用したことによる貧血症状です。

  • 高齢者の血管や心臓ポンプ機能低下により高血圧の薬を服用することで血圧が低くなるのでより脳への栄養や酸素供給量が低くなることにより貧血症状が起こりやすくなる。
  • 薬の肝臓や腎臓での分解消化機能の低下により薬の効果が効きすぎてしまったことによる低血圧症。
  • 不眠症、頻尿、高血圧の薬とを組み合わせて発症した合併症として現れることです。
  • 高血圧の薬を飲んでいる時期に
    たまたま合併症を起こして脳梗塞や脳卒中となり
    貧血を起こしていることもあり得ます。

脳の血流が低くなることで貧血になります。
更に貧血の症状が悪化するとろれつ、めまい、吐き気が出ます。

脳卒中や合併症を起こしている場合は
薬であることもありますが
じつは高血圧自体が原因であることも多く
そうなった場合は貧血やめまいが数時間から30分以上続くなどといった特徴があります。

基本的には低血圧によって貧血症状が起こります。特に急激に20mmHg以上(起立性低血圧)下がった時などは顕著に貧血症状が現れます。
血圧が低いと心臓から全身に血流を送れない状態になるので
脳が酸素欠乏症状となり平衡中枢への信号も鈍くなり貧血症状として体がフラフラしたりします。酷くなると気を失って倒れることもあります。

中でも高血圧の薬を飲んでいる人でアルコールを摂る人は肝臓や腎臓が弱っていると
薬が効きすぎたり合併症も発症しやすいので低血圧にもなり意識障害に陥りやすくなります。
しかもアルコールには血圧を下げる働きもあるのでより血圧が低くなってしまいます。

中にも拡張作用のある高血圧の薬が効きすぎると血管を拡張し続けてしまいますから
大変です。
急に動いた時などに特に脳に行くはずの血流が減るので貧血症状が発症しやすくなります。

貧血がバカにできないのは出血量がひどい怪我をしてしまうと死にやすい体質となるので
出血しないように注意が必要です。

貧血になりやすい体質としてよく知られているのが
糖尿病の人で高血圧の薬を飲んでいる人は血糖値がうまく体質的に調整ができていない状態であると起立性低血圧が起こりやすいのも特徴的です

元々が低血圧の人がすべき習慣

早寝早起きで起きたら元気よく太陽の光を浴びる
起床後コップいっぱいの白湯を飲むことで交感神経を高めていく
運動量を増やす一日8000歩が目標値とされる
栄養をしっかりとって特に血液量を減らす塩分には注意!一日7g以下の減塩生活をする。
炭酸飲料やジュースはやめてお茶やコーヒーを飲んで血管が拡張するのをなるべく抑える。

急に失神して倒れることが多く低血圧がきになるようなら自由行動下血圧計というものがあるので24時間血圧計を見て動向をチェックして置くと貧血が来るタイミングなどが分かります。

高血圧の薬の副作用による咳の原因と対策【6選目】

人間が咳を出す理由は元々は痰が絡んだり
気道器官に入ってきたわずかな煙やガス、ゴミやホコリウイルスを口から出そうとして体が病気にならないように脳が司令を送っているから
てす。

副作用は痰が混ざらない空咳が特徴なので
副作用が出た時はすぐにわかるかと思います。

高血圧のお薬が原因で咳が出ますので
特に中でもACE阻害薬が咳が出る副作用が出る可能性も高くなっています。

気道器官を活動的に刺激して収縮するためのブラジキニン(炎症された浮腫を引き起こしたり血管を広げたりする作用があります。)の活動を妨げるのでブラジキニンが体に蓄積するので気道器官へブラジキニンが働きかけ空咳(からせき)が出ることは前回も伝えていますが

空咳のリスクについて心配な方も多いので更に詳しくご説明します。

ACE阻害薬を服用し始めた人のおよそ30%もの人が副作用の症状として空咳を発症することがわかっている症状なんです。

実際に風邪でもないのに痰も出ないほどの乾燥した咳込みが増えることがあります。
今は大丈夫だったとしても放っておくと空咳(からせき)が出ることがあります。

また、副作用で発症しているので例えばメジコンやアスベリンなどの咳止めを飲んでも良くはなりません。

薬を止めることで咳自体止まるようになります。
ですが薬を止めるタイミングは勝手に止めるのはやめて起きましょう!
医師の指示なしで急に空咳が出て心配になったからと行って自分の判断で止めることは絶対にやめて

副作用によるものなのか喘息、心不全、感染によるものなのか分からないわけなので
医師に相談の元やめるようにしましょう。

ですがACE阻害薬は
高齢者によく引き起こる誤嚥性肺炎の発症のリスクを下げる働きもあるとされていますが
飲み続けることであまりにも症状が続く場合は
いずれにせよ高齢者の体には負担も大きく
体に対してよくはありませんので高血圧のお薬を飲まれている方は医師の元で正確に高血圧のお薬は服用してください。

そして、薬をやめても止まらなかったりしたら病気にかかっている可能性もあるので医師に見てもらいましょう。
中には空咳の副作用が少ない高血圧のお薬もあるので薬を変えてもらうのもありでしょう。

空咳はACE阻害薬だけが原因で出るものではなくほかに可能性として高いのが
心不全で高血圧により症状が悪化すると
体の中の水の巡りが悪くなり肺に水が溜まり
溜まった水によりやや濁った空咳が出るようになります。

エチケットとして気になる方は喉を痛めないように加湿器をつけたりマスクをするようにして起きましょう。

高血圧の薬の副作用によるめまいの原因と対策【7選目】

平衡感覚や三半規管という言葉を聞いたことがあるかと思いますが

高血圧の薬が原因で極端に血圧が低くなってしまった状態で急に立ち上がった時に脳まで血流が行き届かなくなり目の前が暗く感じる時に引き起こる起立性低血圧という症状によって
めまいが生じます
このめまいが生ずるのは以下が原因となっています。

平衡感覚をつかさどる
小脳や脳幹部分に出血や血管が詰まった時にめまいが出やすくなります

脳幹の役割の中に三半規管内で引き起こった情報をまとめるといったことがあるので
出血や血管の詰まりなどを起こすことによって
かなり強烈なめまいを引き起こすことがあります。

脳幹には間脳がありそこでは自律神経系をも調節しているので脳幹部分が病気になると特に強いめまいが発症して気分が悪くなり強いめまいに襲われ不安になります。

自律神経失調症となると
副交感神経がブレーキがかかり
常に交感神経が働く状況となるので脳だけでなく三半規管への血流の巡りも悪化するためめまいの要因となります。

脳の血液量が減った状態虚血状態でも引き起こりやすくなっています。

三半規管にはリンパの液体が入っていて
このリンパ液の傾きを三半規管が刺激され続けることによって今自分がどの向きで立っているかどうかを判断して人間は立ったり座ったりする動作をすることができています。

この三半規管内のリンパの液の量の増減などによって半規管と前庭器官のうちの前庭器官側に不順が発生すると体のバランス感覚が捉えれなくなりめまいを引き起こす症状が出ます。

高血圧の薬も血管が劣化している状態で服用すると負担も大きくなるのでより合併症をも引き起こしやすくなりますので
高血圧の薬だけではなく血管の巡りが良くなる習慣をする必要があります。

他に考えられるのが
めまいがするということはお薬の量が多すぎるから強すぎるからです

なによりも注目しておきたいのが
多少の副作用はしょうがないなどと副作用自体医師もあることを知りながら処方するほどですので
できれば高血圧の薬の量は減らして
血圧を下げたいものです。

高血圧の薬の副作用によるedの原因と対策【8選目】

実際男性で高血圧の薬を飲み続け
知らぬうちに、男性機能が低下することがあります。
高血圧の薬を飲むと血圧が低く抑えられてしまうため血流が悪くなってしまうことが分かっています。
ですから男性機能に充分に血液がもたらされないことが原因でedとなるとされています。

悩ましいのは高血圧剤を飲み続けedになったら
恥と感じて
医師にも相談せず年齢のせいにして
実際に病院に行くひとは
10%程度しかいないのも事実です。
薬の副作用でEDになった患者の割合も20数%程度と高血圧の薬を服用し始めてから明らかにEDになったというひとが10人に2人の割合で増えたこともわかっています。
そして、高血圧の人の50%がedとなっているという数多くの論文も見受けられます。

高血圧はedの三代原因とも言われているのをご存知でしょうか?
edの三代要素は

  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 高血圧

また体の持病や病気によりedになることを品質性edと呼びます。

中でもカルシウム拮抗薬を服用することで
男性機能の低下が著しく発症したといった報告が最も多くなっています。

薬を変えるもしくは
量を減らすことで対処されることが多いです。

公益財団法人日本医療機能評価機構が発刊する
ED治療ガイドラインにも高血圧の薬がEDの原因の1つであることとして記載されています。

ギリシャのテッサロニキ・アリストテレス大学チームでされた調査では
EDになる確率が高血圧の薬を服用している人は高血圧の薬を飲んでいない人に比べ
2倍近くも増えることもわかっています。

あまり考えられませんが高血圧の薬と
ed治療薬との併用を行なっている人も中にはいるかと思います。
死亡例もあるので心筋梗塞や狭心症の時に処方されることがあるニトログリセリンと併用すると悪化して死亡する確率がぐんと極端に上がるので通常医師の診断の元で指示通りed治療薬においても決して海外の輸入された医師に何も相談もしないまま使用しないよう避けて下さい。

男性機能を良好にさせるには血管を広げる必要があります。
男性機能を広げるのは一酸化窒素から出るcGMPと言われていますが
このcGMPは体内で非常に分解されやすい物質ですがed治療薬はcGMPを分解させない効果があるので
ed治療薬は血管が広がり抹消血管周囲の筋肉が緩んで男性機能に血流の巡りがよくなると行った経過を経ています。

ed治療薬も血管が広がりますから高血圧の薬と併用すると相乗効果で体中の血圧は低くなりすぎてしまいます。

最悪なのはアルコールを摂取したり脱水症状を引き起こし血管が広がり血量も少ない時の血圧が極端に低くなっている体質の状況で高血圧の薬とed治療薬を併用すると
めまいやふらつき、眠気や頭痛酷ければ合併症や失神を起こす可能性がかなり高くなります。

更にedは男性からすれば思っているよりもかなり重要視されるべき項目でもあります。

edではなく健康体の人と比べ

  • 前立腺癌
  • 肥満
  • 鬱病などの精神疾患にかかりやすくなる
  • 免疫低下
  • 狭心症や心筋梗塞と虚血性疾患の合併症になりやすい
  • ストレスホルモンの上昇

といった多くのデメリットが存在するので
できればすぐに改善しておきたい原因です。

食生活と運動やストレッチをするだけでも高血圧の薬は飲まなくてもいい状態までかなり血圧は改善されることが多いので
日々に是非取り入れて見て下さい。

高血圧の薬の副作用による脱毛の原因と対策【9選目】

体の毛が脱毛症になってしまう原因は
遺伝や体質そして高血圧の薬と習慣が関係しています。中にはトリコチロマニア(抜毛症)という自分の髪の毛を抜く習慣の付いている病気もあるほどですので

高血圧の薬が原因というよりは
高血圧になっているストレスや不摂生によって
脱毛症状が引き起こっています。

まずは本当に高血圧の薬で脱毛が起こっているのかを判断し医師に見定めてもらう必要があります。

不摂生が続きストレスが異常に溜まると交感神経が常時優位になり自律神経失調症などとなりさらに内臓機能が低下することと全身の血管内で動脈硬化が進行して髪の毛を作るための頭皮周辺の毛細血管の巡りが悪くなることによって
髪が生えにくい環境となったり
脱毛や毛が細くなるようになり
毛が抜け落ちると行った症状を引き起こすようになります。

実際に頭皮の毛細血管が動脈硬化が進み縮んでしまっていることが原因で脱毛してしまったりしますので
毛の生成を促すミノキシジルなどが有名ですが
その働きというものも血管を広げることで新しい毛を生成するところにありますがミノキシジルにおいても副作用もあるので医師に相談しつつ服用する必要があります。

実際に高血圧による副作用によって脱毛症状を引き起こしている場合

高血圧の薬を服用したことによって体中の血管自体が収縮して毛を抜け落ちやすくさせ更に体への合併症として内臓器官に悪影響を及ぼすことで

  • 免疫機能が低下して疾患を起こし自分の体の一部分を最近の誤って判断して内分泌異常Tリンパ球が毛根なども細菌と誤った判断され痛み脱毛症となる
  • アトピー症状を引き起こし皮膚上が赤くなり掻いたり皮膚が異様に荒れて毛が抜け落ちやすくなります元々皮膚は体に熱が溜まらないように体外へ逃がす働きがあります。肌の調子が悪いだけで皮膚上だけでなく血管や内臓器官が病気になりやすくなります
  • 内分泌異常による男性ホルモン過剰により頭髪の成長の阻害。男性ホルモンは毛母細胞ではDHTという毛根を収縮させてしまう成分に早変わりして毛を抜け落とす力が強くあります。
  • 中でも女性の場合、
    男性よりも子供を子宮で育て自分の体も健康を維持するほどの自己回復エネルギーも元々体に備わっているため女性ホルモン(エストロゲンやゲスターゲン)による
    免疫機能が強いです。
    ですので免疫機能に異常をきたすと
    男性よりも女性の方が顕著にTリンパ球による毛根への攻撃が激しい傾向があります。副作用のない健康的な食品と生活習慣だけで高血圧はある一定までは改善できますので体に負荷のない方法でまずは改善していきましょう。

    高血圧の薬の副作用が運転に与える悪影響【10選目】

    高血圧の薬を飲んでいる人口は4000万人も言われている中高齢化も進んでいるので今後どんどん高血圧の薬を服用する人が増えてくることがわかっています。

  • 薬を服用することにより血管が広がり血栓が詰まって合併症を引き起こすもしくは血圧が下がりすぎてめまいや眠気やフラフラする
  • 血管の溜が破裂して出血し合併症を引き起こす
  • 薬は影響せずただ高血圧であるので合併症が引き起こる
  • すべての副作用の要因にもつながりますが他の薬との併用や実は、他の薬が影響していて副作用や合併症が引き起こる
  • 以上が高血圧によって交通事故になった大まかな原因です件数自体も特に高齢者の方に増加しています。逆に服用しないことでも
    運転中によるリスクは付きまといます
    人間は運転するだけでも血圧が50は上がるといいます
    ただでさえ血圧が高い人が普通に運転してかつ長時間運転すると
    血圧は240を超えてくると脳出血になる可能性も80%になりしかも体に障害も残るほどと言われていますから
    交通事故になる可能性もかなり上がることが予測できます。血圧が上がると悪化していた場所で異常が起こりやすくなり
    脳梗塞、心筋梗塞、動脈解離によりあまりの痛みの後に気を失い交通事故になっています。実際医師からも副作用としてめまいやふらつき眠気があることも説明されるので
    運転中による高血圧の薬はかなり注意確認が必要となります。高血圧であるだけで生命に関わる合併症の危険性は常に付きまとっています。

    高血圧と診断された後


    薬を処方されいつものように近場の薬局で受け取り
    簡単に飲むだけで血圧が下がるのですが
    高血圧のお薬自体
    何かどこかお薬自体体にいいものなのか?
    体へのリスクは無いのか?
    少しでも不安に感じたことはありませんか?
    実はその行動自体危険ではあったんです。

    その根拠というのも
    高血圧のお薬の最大の弱点について
    以前から以下のような記述は発表されています。

    高血圧症は安心安全な「漢方の巡り」で改善対策を実現可能に!

    急なコトで驚かれることかと思いますが
    「高血圧症のお薬」自体は
    早死にすることが実は臨床結果からも
    明らかにされ
    さらに各大学や研究機関からの学術書や論文書で
    知る人ぞ知る、実際の体への強い負担と副作用が
    発表されている代物でもあります。

    このサイトに訪れてくださった方には
    是非これから
    安心安全にも充分なまでに配慮された
    高血圧症改善のための

    • 正しい真の健康、知識を身につけて
    • 日々健康な体
    • 元気な日々を過ごすための人間関係
    • 今後の貴方のお仕事のパフォーマンスに繋げていくため

    にも
    お役立て頂ければと私共は思っております。

スポンサードリンク




投稿日:2018年2月10日 更新日:

Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.