手術中の脳梗塞のリスクと対策方法とは?|高血圧の薬

脳卒中

脳卒中患者が他のカラダの部位を手術する際のリスク

そもそも麻酔を利用した手術自体
呼吸器系の合併症が多く見られます。

脳卒中や脳梗塞における合併症に関していえば
特に深部静脈血栓症の患者で術自体危険を伴うことがあらかじめ予測できる患者だけに限ります。

そして
開腹手術中の合併症対策として一般的に行われている方法は

  • 弾性のストッキング
  • 間歇式空気圧圧迫装置(DVTフロートロン)

が使用される。

実際に様々な医院でも同様の対処がなされていて
術後に合併症が起こった一例はあるが
変わらず深部静脈血栓症が起こった形跡もないまま無事手術を終え続けている。

いうなれば

  • 循環器系障害(心房細動)
  • 肥満
  • 高脂血症
  • 高血圧症
  • 糖尿病
  • 喫煙

以上の習慣などにより既に、術前に合併症を引き起こしていて
脳梗塞や脳出血などがある場合や

脳梗塞より脳出血の方が体の後遺症の麻痺が酷くなり
さらに脳出血自体は麻酔を使った体への手術を行った後の合併症を引き起こす確率は極めて低いが、中でも脳出血は高い傾向にある。

脳梗塞などの合併症などの原因として引き起こる原因が
抗擬固剤の投与を辞めてから合併症は始まることが多い。

合併症を引き起こさない為の最善の方法は
術中に丁寧に止血を行い続けることで
手術後の合併症をさらに低く保つことができる。

さらなる手術中の脳梗塞によるリスクとは何か?

なぜ高血圧や糖尿病の人は手術中の脳梗塞とは注意しなければならないのか?
現代病ともされる

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • は当然手術を行う際に麻酔が体によく使用されます。
    この麻酔が体に及ぼす影響があらゆる
    合併症を引き起こす要因とも言われています。
    糖尿病と高血圧の注意点ややっておくべき習慣をご紹介します。

    糖尿病患者が体の手術をする前に必ず知っておくべきこと

    知ってる方も実際多いかもしれませんが
    すでに高血圧で動脈硬化が同年代と比較して
    進んでいるかと思います。
    その場合体中のあちこちの臓器基幹が
    血管による病予備軍となっていることが想定つきます。
    極端になると

  • 心不全や心筋梗塞
  • 腎不全
  • 脳梗塞
  • 神経
  • 免疫低下による感染症(細かいところだと麻酔を使用するときや手術のメスを入れる時などによる感染症を促します)
  • と各臓器基幹が名前の通り機能しなくなります。

    高血圧の人が手術前に注意すべきこと

    手術前に緊張するだけでも血圧が上がることがあります。
    血圧が上がった状態で大事な手術をするのはリスクが高くなりすぎます。

    ですから
    血圧を下げてから手術を行も場合もありますし
    少しばかり高いだけで
    徐々に下がってくることが容易に想定できる血圧であれば
    そのまま高血圧を下げる工程を経ずに
    ご本人の許可の上で手術に入ります。

    高血圧の人の場合手術前は高血圧にならないように注意する必要があります。

    高血圧なのに手術を進行できるメカニズムとは?

    麻酔には血管を広げる力があり、高血圧症の人の血圧を下げる働きがあります。
    ですが、明らかに血圧が高すぎる時には
    血管内の血圧が極端に下がった時に
    血流が充分に巡らないことがあります。となると
    各臓器も機能しなくて良くなるので

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • の合併症となることも想定できます。
    しかも、麻酔の力が切れてくると
    血管内が収縮し元の細さに戻るので高血圧になります。
    血圧が正常の場合も血管が多少広がり収縮しますが血管が健康で血管内の内皮細胞も元気で弾力もありますので
    血圧の変化自体も落差があまりなくさほど気にしなくてもいいほどです。動脈硬化の進み具合が多く劣化した血管の人の場合にら合併症を引き起こしやすいといえます

    喫煙と麻酔による合併症の相性の悪さとは?

    喫煙であるだけでもうすでに
    手術による合併症を引き起こすと言われています。
    年齢が若いとその症状は軽いですが
    加齢となってくるとその症状は顕著に現れてきます。

  • 呼吸器系
  • 感染症や治り
  • 循環器
  • ですので
    病院の入院期間中は禁煙できていないと
    手術をしてくれない病院もあるほどですので
    喫煙は多少無理してでも辞め行うべきであることがわかります。なぜならあなたの体が危険に晒される可能性がかなり上がるからです。
    考えられる合併症全てが発症する可能性が上がります。
    特に呼吸器系の合併症が上がります。麻酔を行うと麻酔を行なったことがある人ならわかるかと思いますが
    麻酔中は全身の人工的に起こす呼吸による換気で
    各体中の器官が痛みます。

    なぜなら喫煙により
    気道や基幹が痛んでいることで
    術後の痰や体への負荷は合併症を引き起こします。

    肺器官は有害な空気中の物質を弾く体内に取り込まないようにする機能を備えていますが
    喫煙することでその機能が阻害されている人は
    手術後の脳梗塞の合併症が危惧されます

    元どおりまではおおよそ半年以上はかかりますから
    行きつけの医師の指摘の通りに禁煙をし
    安全な体制で手術を受けましょう。

    麻酔薬投与による手術中の脳梗塞のリスクとは?

    今や日本人の死因の原因として知られている
    『ガン(悪性新生物)』
    実際には
    脳血管障害や心疾患との死因数を足すと
    ガンによる死因人数を明らかに越えてきます
    合併した手術人数による死者人数を入れると
    ガンによる死者数よりも今後はかなり数が増えてくるということもわかる

    しかも、手術中の脳梗塞のような
    脳血管障害による症状については
    医師や麻酔外科医自体も実際に

  • 病歴に関しての患者に対しての聴取
  • 理学的所見(聴診、視診、触診)
  • が充分でない場合があり
    そういった時に手術中の脳梗塞や脳血管障害への合併症の原因となっていることが
    多いように感じている医師達が実際に多いのではないでしょうか。そもそも、
    全身の麻酔を利用する際に必要な事項として
    医師達は患者の
  • 循環器
  • 体液
  • 呼吸
  • 代謝
  • を万全な状態であるかを管理する力があるからこそ
    使用できます。しかも、手術中に脳梗塞などの合併症を引き起こさないようにするために
    実際に全身麻酔中の患者の生体反応(脳にしっかりと酸素が行き渡っているかが大前提や心臓などの脈拍数の確認)が必須となっています。手術中の脳梗塞や脳虚血が起こった時に現れる症状として
    麻酔から覚める時に明らかに覚めが遅れてきている時です。
    こうなった場合は手遅れとなると
    それこそ脳梗塞となりうる
    そうならないためにすぐに脳血管障害を発見できる環境を整える(例えば心筋シンチグラフィー検査心臓超音波検査により)早く施術することが必要。

    実際にのところ手術中に脳梗塞症状が現れる
    事例としては
    医師陣や麻酔担当医、執刀医らが
    新しく脳梗塞が進行しつつある手術を今現在行なっているのか
    それとも手術を行っても大丈夫であるかどうか
    の2つの認識の違いによって
    充分な知識がない時に引き起こることが多い。(手術前評価から経時の変化の認知不足が欠いているので術中に緊急に起こった合併症などによる術事にも的確な対応に関しても正しく判断できていたということなる。)

    手術前評価とは?

  • 60代であるか
  • 脳梗塞であった時期があったか
  • 何も問題なく健康体であってもCTスキャンにより大脳の分水嶺領域の検査により脳梗塞を発見できたか
  • 閉塞性大動脈硬化症や大動脈瘤同疾患の手術をしたか
  • どうかスクリーニングしてあらゆる想定される変化をあらかじめ
    ふるいにかけることを言います。ですので実際のところ
    患者自身は
    手術中に脳梗塞を引き起こさないようにするための最善の策としては
    医師陣の経験や腕または実績回数(更に血圧の管理輸血による管理や輸液能力)に依存する。TOP|高血圧のお薬!
  • スポンサードリンク




    投稿日:2018年2月9日 更新日:

    Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.