脳卒中による後遺症のリハビリ改善法とは?再発はさせない

脳卒中による後遺症はリバビリで01手足マヒ、脳出血、脳梗塞、言語認知障害
何より恐いのはリハビリ後の脳卒中の再発確率は
5%程度であって20人に1人となっていますが
リハビリによって回復したとしても
またリハビリ生活を余儀なくされる人は
実際に多くいることが分かります。

そんな絶望的な状況にならないようにリハビリだけではなく後遺症が再び引き起こり
高齢となるとまたリハビリ生活を送るのはかなり大変となってくるといえます。

ですので再発を防止するために絶対に忘れないようにしておかなければならないのは
血管の巡りから改善する必要があるということにあります。

ここでは
脳卒中が起こった時の後遺症によるリハビリについて
挙げていますが
脳卒中にならないための予防策としてもどうしても外せないのがリハビリで改善した後またリバビリ中の

  • 食事
  • 運動
  • 生活習慣

の質は上げなければならないという事と継続していかなければならないということです。

脳卒中による後遺症のリハビリといってもまず
PT理学療法士・OT作業療法士・ST聴覚療法士
のそれぞれ脳卒中による後遺症のリハビリのスペシャリスト達による協力が欠かせません!

かつそれぞれ臨床経験数が豊富であるほど
より精度の高い脳卒中の後遺症によるリハビリによって
得られるプランによる
成果にもかなり違いが出ることも明らかになっています。

一連の流れでは
1.理学療法により活動を呼び覚ます
2.更に改善後は理学療法士と作業療法士により体の運動習慣化させます
3.言語聴覚療法により言語障害を改善させより脳内細胞へアプローチさせ後遺症を細胞レベルの根本から改善していきます。
4.理学療法士と作業療法士により改善された部分をより可動域を広げ習慣化させ着実に更に体に動きを染み込ませていき偏っていた体のバランスの全身の筋力バランスにも注目して脳卒中による後遺症のリハビリの品質をより高くし仕上げていきます。

とはいえ、臨床経験数の多い士との出会い方や
以下のような後遺症による悩みは尽きません

  • 自分だけで生活して迷惑かけないようにしたい
  • 寝たきり車椅子や杖を使わないほどに改善してみたい
  • 退院をした後のリハビリの方法がわからない
  • 継続して更に体調をより良くしたい
  • 社会人と復帰して再就職がしたい(職場復帰率20%、その半数が10年以内に辞めていく現況)
  • 気持ちよく長距離が歩けるようになりたい
  • 孫や子供家族と話がしたい
  • 趣味を謳歌したい

以上の尽きない悩みを
それぞれ実際に実現し解決していくための
リバビリ方法をご紹介します。

脳卒中の後遺症のリハビリ方法として優れている方法は?

脳卒中の脳出血や脳の血管が詰まる症状で後遺症が引き起こされたときに1番ベストな方法や組み合わせとは

  • 作業療法士・理学療法士:過去に動いていたように体を覚醒させて更にそこから体へ習慣化させて元の状態へ戻していく
  • 鍼灸:WHO(世界保健機関)も認めた鍼灸方法で絶たれたはずの動きに刺激を与え脳と体を繋げていく
  • 体へ習慣化させた状態を更に体に覚えさせていくための完全に戻す習慣(食事や運動トレーニング)
  • 言語聴覚療法士:脳血管障害によるあらゆる症状に合わせた後遺症は言語聴覚士が提案する方法で更に言語聴覚の感覚を利用して直接的原因へ刺激を与えていく事で更に後遺症の原因も明確となりよりほかの脳卒中の後遺症のリハビリ方法と合わせる事で機能が低下していた部分に働きかけ言語聴覚を改善させていきます。

鍼灸による治療法

鍼灸は体への改善だけではなく

  • 脳卒中の後遺症のリハビリに耐えられるような体づくり
  • リハビリの効果を上げるためにあらかじめ内臓を元気にして筋を柔らかくする事で溜まっていた疲れをとる

という意味でも行われるのが一般的といえます。

鍼灸は
神経痛、腰痛症、リュウマチ、五十肩、頚腕症候群、頚椎捻挫後遺症
の一部は健康保険適用ですが
ほかの『脳血管疾患後遺症』においては適用外です。

鍼灸においては人々の健康を良くするための200近くに渡る国が加盟している国際協力組織機関WHOの世界保健機関からその効用が認められています。

WHOにより認められた効用は

神経系の疾患

  • 脳卒中の後遺症
  • ノイローゼ
  • ヒステリー
  • めまい
  • 自律神経失調症
  • 頭痛
  • 痙攣
  • 不眠
  • 神経痛
  • 神経症
  • 神経麻痺

運動系の疾患

  • 頭痛
  • 頚肩腕症候群
  • 関節炎
  • 頚椎捻挫後遺症
  • 腱鞘炎
  • リウマチ
  • 腰痛
  • 外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系の疾患

  • 心臓神経症
  • 高血圧低血圧症
  • 息切れ
  • 動脈硬化症
  • 動悸

呼吸器官系の疾患

  • 喘息
  • 風邪および予防
  • 気管支炎

消化器系の疾患

  • 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)
  • 肝機能障害
  • 肝炎
  • 痔疾
  • 胃下垂
  • 胆嚢炎
  • 消化不良
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 胆嚢炎
  • 胃酸過多

代謝内分泌系の疾患

  • 痛風
  • 貧血
  • 脚気
  • バセドウ氏病
  • 糖尿病

泌尿器系生殖器疾患

  • 膀胱炎
  • 陰萎
  • 尿道炎
  • 尿閉
  • 性機能障害
  • 前立腺肥大
  • 腎炎

婦人科系の疾患

  • 白帯下
  • 血の道
  • 乳腺炎
  • 生理痛
  • 更年期障害
  • 冷え性
  • 月経不順
  • 不妊

耳鼻咽喉科系の疾患

  • メニエル氏病
  • 鼻出血
  • 扁桃炎
  • 耳鳴り
  • 咽喉頭炎
  • 中耳炎
  • 鼻炎
  • ちくのう症
  • 難聴

眼科系の疾患

  • 疲れた目
  • ものもらい
  • かすみがちな目
  • 仮性近視
  • 結膜炎
  • 眼精疲労

小児科系の疾患

小児喘息

  • アレルギー性湿疹
  • 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)
  • 夜尿症
  • 耳下腺炎
  • 虚弱体質の改善

 

理学療法士と作業療法士のサービスを利用すると得られる事とは?

理学療法士や作業療法士が行う根本的な利用方法とは脳の可塑性にあります。
脳の可塑性とは後遺症がない細胞の部分への刺激で完全に崩壊した細胞付近の僅かながら損傷してない脳細胞へも刺激続けることで脳細胞の回復機能と並行して脳に対してその動きを思い出させます、損傷した脳細胞の代わりに改善されてくることでより動くようになってくるという方法に基づいています。

動く部分だけではなく、既に完全に動かなくなった手足へも刺激を与え続けることで改善していく方法であり
臨床経験数が多いのでより精度の高い人々にあったプランの組み立てにより昔と比べかなり改善の確率も上がってきているので
理学療法士や作業療法士による
脳卒中の後遺症のリハビリにも注目が集まっています。※ボトックス注射と一緒に使うことでより顕著に効果も上がることが分かっています。

ですので
とくに実際には体の運動バランスが片側だけに偏ること自体を改善させるために
動かないはずの体の部分を動くように改善する方法
動く体の部分でいかに生活しやすくさせる方法
が取られます。

このサービスを受けられない場合には
ただただ現在の体力の維持だけで終わることが多いですが。
サービスを受けることでどの程度まで回復したいのかの目標によって
後遺症である手足の動きを思い出させる
更に濃度の連結を図りあらゆる動きを自ら行なっていく
というプランを立てユニークな道具を使ったり実際にその目標までに向けリハビリを行い改善も可能となります。

理学療法士や作業療法士担当症状

 

  • 心臓疾患系:狭心症、心筋梗塞、左心室誇大症状
  • 運動疾患(整形外科専門):肩関節の炎症、頸部痛、腰椎の椎間板ヘルニア、四肢のいずれかを切った方、退行性疾患、靭帯損傷、脊髄または手足の骨折症状、変形性の関節症、腰痛、ほか運動時のずきずき痛む疾患
  • 内科系疾患:糖尿病、運動した方がいいと一般的に指摘がある疾患全て後遺症により運動の機能が一時楽下がることが予測されほぼ寝たきりや杖をつくなど介護が必要になる人、高齢
  • 呼吸器系の疾患:手術後の肺機能が悪くなっている人、結核後遺症、喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺炎、
  • 注水神経系の疾患:小児発達障害、脳卒中、脳炎、脳血管の異常、脳の外傷、脊髄損傷、中枢神経の変性疾患、腫瘍
  • 各大学病院などでも脳梗塞の後遺症に対するリハビリへの応用が始まっています。
    脳を「覚醒させる」手法により、脳と身体の繋がりを再び取り戻します。

 

脳卒中疾患の後遺症から完全に戻していく運動トレーニングとは?

機械と理学療法士と作業療法士の人の手によって
実際に年齢やその人に合わせた方法です。
実際に動かなくなっていた部分が改善されていた手足などをより改善させ
そしてその動きをより正確な動作方法により完全に反復させることで
習慣化させていき着実に体に動きを染み渡らせ戻していきます。

また、片方だけしか動かなかった今までの体のバランスは偏った状態であるので
体のバランスをより正確にして
より動かなかった体の部分を動いていた過去の状態まで引き上げるために
理学療法士と作業療法士の手によって
"無理のない全身の筋力トレーニングを行なっていき
実現させていきます。"

言語聴覚療法により言語障害を改善させる

理学療法士や作業療法士以外からも脳細胞にアプローチしより後遺症による手足の動きを改善させる確率を上げる事と滑らかにするために言語聴覚士の臨床経験と知識や知恵によってあなたの動かないはずだった場所の質をより言語聴覚法により脳細胞へ刺激して脳の代謝を引き上げていきます。

言語聴覚療法によりより受ける前より、言葉や話し方そして考える力をも改善させていき社会人として復帰することや離職を避けるために、脳卒中による後遺症を認知神経科学により細かく症状を把握して精度の高い意思疎通の出来るコミュニケーション能力の獲得へとユニークな教材やデジタル機器やITを駆使し利用しながら高次脳障害と言語障害の改善率を引き上げます。

言語聴覚療法士による後遺症対応の障害とは?

それぞれ言語障害と高次脳障害とに分かれています。

 

  • 『言語障害』:失語症、音声障害、難聴、構音障害、全般的精紳活動低下に伴うCom障害、認知後遺障害
  • 『高次脳障害』:記憶障害、注意障害、記憶障害、摂食嚥下障窖、半側空間無視、遂行機能障害、半側空間無視

 

それぞれの症状とはどういったもの?

『高次脳障害』
注意障害:集中できないし多数の物事にも集中できない、気が散乱になりやすい、段差につまづきやすく周囲と接触しやすい、ボーッとしやすい
記憶障害:起こったことをすぐに忘れてしまう、自分の身内の情報を全て忘れてしまう、ものを覚えることができない、思い出した情報が間違っていることが多い
半側空間無視:依頼を着ることができない、見ている向きと反対の向きのものによく接触する、ご飯が半分片側しか食べられない
遂行機能障害:優先順位をつけることができない、論理的に考えることができない、順序立てた計画を立てて物事に取り組まない、
摂食嚥下障窖:おからなどむせやすい食べ物がなどに残ることが多く食べることが難しい、痰が増える、食べ物が疲れやすくなって残しやすくなる。
『言語障害』
音声障害:声が小さい、声が出にくく長く出し続けることが困難
失語症:言葉が出ない、思っていたことと違う言葉が出る、質問とは違う返答をする
構音障害:滑舌や呂律が回らないことが多い

中でも脳卒中による後遺症のリバビリで見過ごされ続けてきているのが
『高次脳障害』の各症状は言語聴覚士でも見落とされてしまうことも多くそのまま退院され
退院後処置に困ったまま生活を続けている人が多いのが現況となっています。

生活しにくい状態だけれど生活はできる水準で終了されてしまうことです。実際に不安や精神的負担大きく体にいいものとはいえません。

そうではなく、言語聴覚士は元の状態まで改善するまで水準を引き上げることが現代の理学療法士・言語聴覚士・作業療法士が持つ
課題になっていますので

過去に脳卒中により既に後遺症によりリバビリは終えた方で
現在でも高次脳障害が感じられている方は一度近くの理学療法士や作業療法士と言語聴覚士が居る評判のいい治療体制の整っている場所で治療することをお勧めします。

病院やそれぞれ行う両方担当者の臨床経験数や知識と知恵そして評判に依存する部分も多いために
実際に周囲で聞いたことがある口コミを参考にして
通われることを強くお勧めします。

TOP|高血圧のお薬!

投稿日:

Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.