脳梗塞の原因はいくつのポイントから成る?対策方法!

脳梗塞の原因は01
脳による疾患による死亡原因は日本でも3本の指に入るほど多い原因として知られています。
特に高齢化となりつつある日本国は今後ますます
脳疾患による死亡者数も年々増えていくでしょう。
そのために脳梗塞とならないための対策方法に注目が集まっています。

脳梗塞ができる原因

脳梗塞になるのは
一過性脳虚血発作(脳内の血管の流れが少しだけ悪くなる症状)が起こり体の角度により悪化するなどといった体に異常が出る前兆症状が現れます。
まず動脈硬化と心臓疾患が影響する動脈硬化をとの2つに
分かれます。

心臓が原因の場合

心臓では機能低下や持病により血栓がこびりつきやすくなっています。しかも心臓でできる血栓は非常に大きいので心臓に持病がある人は脳梗塞となる確率も高いため要注意です。

  • 心筋梗塞
  • 心臓機能の低下による心疾患
  • 心房細動

心原性脳塞栓症状と呼んでいます。

動脈硬化が原因の場合

体中では細い動脈と太い動脈とがあり
胸から頭の間の首の部分の太い動脈では歳を重ねるごとに血栓が付着します。
しかも太い動脈なのでこびりつく血栓は大きいので
脳などでは細い動脈で詰まりやすい(小さい血栓は流れていくだけで溶けて排泄されていきますが)脳梗塞になってしまうといった弱点があります。

血管内細胞に血栓や毒素LDL悪玉コレステロールが溜まり血圧も上がるし固くなります。
さらに肥満であったり
症状を悪化させる心房細動、高脂血症、高血圧や心臓疾患や腎臓病と喫煙、飲酒、ストレス、睡眠不足など生活習慣があります。

沢山の習慣による原因と遺伝性や持病そして日々生活する中でも加齢とともに動脈硬化自体誰にでも進むというものであることなどが複雑に絡み合って脳梗塞は引き起こります。
慢性的に起こるもので
症状は突発的にやってきます。
ですので脳梗塞にならないように対策は可能です。

脳梗塞は何で成るのか?

血管内がほかの血管内細胞にこびりついた血栓などが脳内の血管内細胞にこびりつき
血栓となり詰まったりさらには悪化すると瘤などができて
遅くても数時間の間で
血栓によって詰まったその先にある各体の機能へ運ばれるはずだった様々な栄養素を含む血液が流れなくなるので体中が腐り始め死因となります。中でも脳が最も機能しなくなります。しかも重症の脳梗塞は急に発生するのがこわいところです。

ほかの脳による疾患をまとめて
一般的にも脳血管疾患障害などと言うこともあります。

脳卒中とは総称のことで
脳卒中の中でもそれぞれ引き起こる原因によって脳梗塞(血管詰まり)と脳出血(血管出血)とに2つに分類されています。

脳卒中の中でも脳出血よりも脳梗塞で亡くなる方の方が20%も多いので
脳梗塞はより目立って問題視されています。

脳梗塞の原因も3つに分かれています

心原性脳梗栓症、ラクナ性脳梗塞、アテローム血栓性動脈硬化症

心原性脳梗栓症

心疾患障害などにより心臓内にできた大きめのこびりついた血栓が脳血管に流れ塞ぐ

ラクナ脳梗塞

脳内の中でも細かい血管で動脈硬化が起こり血管が詰まる

アテローム血栓性動脈硬化症

悪玉コレステロールが血管内細胞にこびりついてさらに有害物質や血小板なども詰まる

脳梗塞が起きてしまった場合の症状とは?

当然ですが脳内血管が詰まれば血流や栄養が止まるのであらゆる体の部分に症状が現れます。最悪壊疽しつつありますので非常に注意が必要です。

  • 寝たきり生活となると症状が改善しても筋肉が固くなって動かしづらくなるなどの後遺症が残る
  • 体が感覚が触ってもなくなったり動かなくなる
  • 食べたものが飲めない
  • 言葉が喋れない

脳梗塞にならないための対策方法とは?まとめ

血管内に異常をきたすような原因を消していきます。

  • ストレス異常によってより解消するために眠れなくなったり、タバコを吸いすぎたり暴飲暴食に走るといいことがない
  • 運動をしないと脂肪が増え代謝が下がるので動脈硬化を促進させますさらに肥満によって糖尿病または動脈硬化を促す病気にかかりやすくなります。高齢の方はゆったりとウォーキングや膝や体が痛い方はストレッチをするだけでも血圧が下がることが分かっていますのでストレッチを数十分でもいいのでやっておきましょう。
  • アルコール摂取量がかなり多い人週にほぼ毎日飲みなど休肝日のない人
  • ただ肥満だけである人は高血圧症や糖尿病になりやすいお相撲さんは体重の割りに体が重いので怪我しないように体が非常に柔らかくしているので血管を圧迫しないので高血圧症の人が少ない

歳をとると誰にでも気づかぬうちに進行するのが
動脈硬化なので症状も出ないので
何もしないで放ったままにしてそういった人が
脳梗塞となり
介護生活を余儀なくされたり
『寝たきり生活』にどうしても
なってしまうことになりがちです。

実際には健康であると自覚がある人でも
いまいち脳梗塞による危険度合いも感じにくいですが
毎年確実に動脈硬化や血管は劣化しています。

糖質制限や減塩
もそれぞれの脳梗塞となる原因を作る危険因子を取り除くことができ
できる限り健康的な生活を心がけましょう。

TOP|高血圧のお薬!

投稿日:2018年2月11日 更新日:

Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.