血圧とは何か|血圧の正常値とは?

血圧とは何?01

【血圧とは】なにか?

心臓は心拍排出量(全身の動脈や静脈へ向けて収縮と拡張を繰り返して血液を押し出したり供給したりする役割がある)
により血管内皮細胞へ向けて収縮する時に血圧が上昇する際に150/90の左側の通称上と言われる血圧値となります。

この時に血管自体がボロボロだと
あらゆる体の病気にかかるので
血圧とは特に高齢になってきますと
注目される体の健康値
としても重要視されています。

血圧を高くさせている症状とは?

人間は年齢を重ねるにつれて
誰でも
血管内の構造上の問題から
内皮細胞に有害物質がどうしても付着したりしてしまいます。
これが動脈硬化の原因となり血栓が血管内に出来る状態となります。

年をとるごとに動脈や静脈は体中を駆け巡っていて
身体中どの場所でも血栓によって血管が詰まる
血栓閉塞症が起こりやすくなります。

ですが
納豆など血液中を綺麗にする成分が含まれている
食物を定期的に毎日食べている人や
血管年齢を若くさせるような日々を過ごしている人に関しては
血管内の内皮細胞に有害物質が付着したとしても
綺麗になっていくので
血管に関する病気にかかりにくい状況となることが
分かります。

更に元々からくる血液自体をサラサラにする薬を
日頃から服用することで
相乗力で血栓閉塞症になる確率を最大限に高めていくことができます。

血液をサラサラにさせる方法
悪化させないために今からできることとは何か?
注意すべき点とは何か?

が詳しくわかるので
血流と薬とをうまく使い
血液をサラサラにし巡らせようと思っていた人は
是非読み進めて参考にして見てください。

血圧とは何か?

血圧自体は心臓をポンプがわりとして静脈や動脈と血液が全身を通ったときの血管内にかかる負荷の圧力数値のことを示しています。
血圧を測る場所は腕を奥に入れた場所である上腕の動脈を主として測ることが多いと思います。
中には心臓近傍の大動脈自体を測ることも多いです。

血圧を測る際にはmmHg(ミリメートル水銀柱)と今やデジタル式で測る機会が最も多くなりましたが
文字の通り水銀を使うのが主流だったころにこの単位自体決定づけられています。

血圧とは拡張期(心臓が血液を供給するときの高い方の血圧)と収縮期(心臓が血液を押し出す時の低い方の血圧)と言うものが在り
それぞれ収縮期においては血圧が高くなり
拡張期となると血圧が低くなります。

その時々の心拍出量から血管内への負荷による張り度合いを血管にかかる圧力(血圧)としています。

血圧として影響される原因の種類とはなにか?

当然血管内が血栓が血管内に在る内皮細胞にこびりつき続けると血管内がつまり動脈硬化となると血圧は極端に上がりります。

血圧と関係する血管の仕組みとは?

血圧上昇に影響する体の出来事としては

  • 副腎質や腎臓のホルモン
  • 神経系:自律神経や中枢神経
  • 有害な物質により極度に血管内が拡張されたり収縮されたりするもの(体の浸透圧機能を発生させる塩や水)
  • 腎臓の不調
  • 過度な緊張によるストレス
  • 季節によるもの(冬は寒いので高い、夏は暑いので低いなど)
  • 朝は高め昼にかけては低め昼から少し高め夜寝る前は低め
  • 温度差のある活動

といった事例が血圧が変動が激しい原因となります。

加齢とともに動脈硬化は進行していきます
ので血圧も必然的に高くなっていきますが
最低血圧は下がっていきます。

そもそも塩分の摂取自体少ない人の場合には血圧は低い状態が維持されている場合が多く
ナトリウムは血管を傷つけやすいという致命的なデメリットなので摂りすぎには注意です。

高血圧なる原因とは?

高血圧になる原因自体は実際は
あまりよく分かっていない人が多いのも事実で
健康的に暮らしていると本人が感じていても
実際のところ高血圧の人も多いのです。
ですが大半の原因と言われているのが

  • 塩の摂りすぎ
  • 肥満
  • 筋肉の付けすぎ
  • 遺伝的要因
  • さらされている環境
  • 体の不調

に大きく依存していることはわかっています。

高血圧と判断されるのは
上が140そして下が90以上(家庭用高血圧機器は上が135下が85以上)となっています。
そして
安全と言える数値は現在120/80となっていますが推進血圧値は年々引き下がられてきていますので一概には会えなかったりします。

更に日本人の総人口の4000万人の内男性二千数百万人、女性2000万人で男性がやや多いとも言われています。

何よりも怖いのは
20代の総人口で高血圧は男性、女性は10%程度
30代の総人口では高血圧は男性は50%で女性は40%
さらに
60代以上の高齢者の方達の場合
日本の総人口の65%が高血圧で占めている。

まさに血管は年齢とともに
動脈硬化がわずかながら進んでいっていることがわかるので
より血管内は常に綺麗にしておく必要があります。

高血圧がこれほどまでに注目されているのは
当然
血圧が高くなると
最悪

  • 心不全
  • 腎不全
  • 脳梗塞

が待ち受けていてしかも後遺症などもあるからです。

高血圧は日常生活に支障をきたすような
体の症状を引き起こすから
高齢になるほどに
高血圧にならないような対策に向けて注意が必要とされているわけですね。

血圧を改善しなければどうなってしまうのか?

それぞれ血管障害により様々な循環器系が以下のように病気にかかります。
さらに今60代の高齢の方だったらおそらく周囲にいらっしゃる同年代の方や歳上の方を見ていてあらゆる症状や合併症は重々お気づきかと思います。高血圧の対処を施した人は施していない人と比較すると

  • 狭心性心疾患や心不全の動脈硬化などにより死亡する確率は27%減少
  • 脳卒中で死亡する確率は36%も減少
  • その他高血圧により死亡する確率が十数パーセントも減少する

高血圧の症状や薬の処方方法は数段階にて分けられている

年齢別で目標値が大体定められていますがあくまで基準ですので過去に変更が何度も繰り返されているため一概に言えたものではありません。実際にはもっと血圧は高くても例えば150/90以下などでも全く問題ないと行った見解を持つ医師も結構いたりします。

  • 60代以上は140/90程度
  • 20~50代は135/85程度
  • 70代以上は150/90程度

家で血圧を測り続けないとどうなるの?

血圧を測る場所や環境で全く違った血圧が出る特徴を持つ人がいます。

  • 仮面高血圧(日常的に測るときは正常値だけど病院にいるときは高血圧の数値が出る人)
  • 白衣高血圧(病院だと高血圧の数値が出るが家だと正常値が出る傾向がある。)

高血圧を測る際には以上の現象が起こる体質であるかをまずは見極める必要もある。
確実に自分の血圧値を出すには
1日に何回か

  • 朝起きたとき
  • お昼
  • 夜寝る前

に分けて測ることでキチンとしたその人の血圧値が測れる。
常日頃から血圧の高い人はとくに注意深く測り続けないと
血管障害による病気の前兆などがあったときにすぐに対応ができなくなり
正常の血圧値が分からなくなります。

TOP|高血圧のお薬!

投稿日:2018年2月11日 更新日:

Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.