血圧を下げるには?【血圧を下げる方法とは何か】|高血圧の薬

目次

血圧を下げるには?01
常日頃から血圧を下げるにはどうすればいいかどうかの
食べ物や運動やお薬に注意して
1番大事なのがその食生活を継続し続けて過ごすことで
『高血圧である体質』自体を『血圧を下げる体質』にすれば良いだけです。

  • 運動
  • お薬
  • 食生活
  • 医師たちからもよく推奨されている食事療法ですから
    是非参考にして見てください。

    人間は年齢を重ねるにつれて
    誰にでも
    血管内の構造上の問題から
    内皮細胞に有害物質がどうしても付着したりしてしまいます。
    これが動脈硬化の原因血栓が血管内に出来る状態となっています。

    動脈や静脈は体中を駆け巡っていて
    身体中どの場所でも血栓によって血管が詰まる
    血栓閉塞症が起こります。

    ですが
    納豆など血液中を綺麗にする成分が含まれている
    食物を定期的に毎日食べている人や
    血管年齢を若くさせるような日々を過ごしている人に関しては
    血管内の内皮細胞に有害物質が付着したとしても
    綺麗になっていくので
    血管に関する病気にかかりにくい状況となることが
    分かります。

    更に元々からくる血液自体をサラサラにする薬を
    日頃から服用することで
    相乗力で血栓閉塞症になる確率を最大限に高めていくことができます。

    血液をサラサラにさせる方法
    悪化させないために今からできることとは何か?
    注意すべき点とは何か?

    が詳しくわかるので
    血流と薬とをうまく使い
    血液をサラサラにし巡らせようと思っていた人は
    是非読み進めて参考にして見てください。

    高血圧を下げるために体に必要成分ってなに?

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • と言われ高血圧の人を下げる対策には
    とても必要な成分なのです。

    カルシウム

    人間の体の細胞はカルシウムが足りなくなってくると血液中のナトリウム濃度が濃くなります。ナトリウム濃度が濃くなると体内で脳から浸透圧という機能が発動され血液の量が増え体外へナトリウムを出して体内のナトリウム濃度をあるべき濃度に保とうとしますので血圧が上がります。
    更に血管細胞など優先順位の高い臓器器官で極度にカルシウムが足りなくなる環境が続いてくるとカルシウムのある場所から脳が抽出しようとしますから骨からドンドンカルシウムが失われます。
    カルシウムのある割合が血管細胞に入ります。
    すると血管の働きをコントロールするためのエネルギーとなります。
    更にカルシウムが血管細胞に行き渡った際にも血圧が高くなり充分なカルシウム量に達すると
    細胞内に入りきらなくなるのでカルシウムの供給が減るので
    血圧が上がりにくくなります。
    血液の
    赤血球、白血球、血小板の3種類の血球類においては
    骨髄の中で生成されています。
    赤ん坊はほぼ全身にある骨の骨髄部分で生成され
    大人は頭蓋骨や脊椎(せきつい)そして肋骨などの骨髄で血液は生成されています。ですのでカルシウムの摂取は血液を生成する骨を作るために非常に重要です。

    カリウム

    体内に潜むあらゆる毒素成分
    塩分そして水分を排出する役割を担っています
    塩分や水分が増えると血流が増えるので
    積極的に排泄させる機能が必要となるので
    高血圧の人はカリウムを取る必要があります。

    カリウムを積極に摂るときの注意事項

  • 妊娠している女性
  • 腎臓疾患
  • は摂取のしすぎに注意すべきで
    気になった方は一度担当の医師に相談しながら
    高血圧を下げるように注力して見てください。

    マグネシウム

    マグネシウムが誇る働きは
    カリウムとカルシウムによるエネルギーの代謝をサポートするところにあります。
    ですのでマグネシウムが体から足りなくなってくると

  • カルシウムの血管細胞での機能
  • カリウムの体内の余分な塩分や水の毒素有害物質排泄機能
  • が下がってしまいますから
    より高血圧になってしまう原因となりますので
    充分に常日頃から健康に過ごすために毎日摂取し続けることが必要です。

    血圧を下げるために補足的な栄養素とは

    一般的に医師からも推奨されるとったほうがいい
    その他の栄養素をご紹介します。

  • カゼイン:血圧を上げる働きのある物質を抑える働きがありますので血圧を下げるにはカゼインは必須です
  • 大豆たんぱく:LDL(悪玉コレステロール)や高血圧を低くさせる働きがありますから動脈硬化も抑えてくれます
  • フィトケミカル:酸化をかなり抑えてくれる働きを持つので血管の劣化を防ぎます
  • 酢酸:アデノシンが血管内を広げる働きがあります。
  • 硫化アリル:血をスムーズに血管内を行き来させる働きがあり、血管内に潜む脂分や糖分を少なくさせる働きがある
  • フィトケミカル:酸化を防ぐ働きがある
  • EPAやDHA(オメガ3脂肪酸):血管のハリやコシ、脂分を減少させる働きがあります。血管も丈夫にそして柔らかい状態に保つことで血圧を下げるのに役立ちます
  • ルチン(ビタミンP):血圧を上げる働きを持つ物質を抑える働きがあるので血圧を下げます。ビタミンCと相性が良くビタミンCが持つ血管が細くなる事を抑える働きを更に助長させる働きがあります。
  • ミネラル成分

  • 鉄(亜鉛など):鉄が体内で不足すると血管内に酸素が無くなってきます。酸素量が無くなってくると浸透圧機能が発動して体中の血液量が増えます。すると血管内が圧迫されますので高血圧になります。亜鉛が不足すると体中の傷ついた細胞箇所の補修がかなり遅くなりますので状況次第では血栓ができ詰まってしまうなど血管が弱い状態になります。
  • リン:リン自体肥満体など糖質体質の人にとって大きな役割を持っています。糖質自体の働きを活発化させる役割も担っていますから肥満だけでなく高血圧対策に役立ちます
  • 硫黄:LDL(悪玉コレステロール)が酸化することがないようにし血栓ができにくくなり血流自体を巡らせる役割があります
  • 血圧を下げるための食べ物って何か?

    実際にご紹介したそれぞれの物質が多く含まれている取り入れやすい食べ物をご紹介します。
    日常的に取り入れて見てください。

    マグネシウムが多く含まれている食べ物とは?

  • ゴーヤ
  • オクラ
  • 納豆
  • イワシや鰹節とアジ
  • アサリ
  • わかめやとろろ昆布
  • ごま
  • 玄米
  • カルシウムが多く含まれているもの

  • 海老
  • いわし
  • チーズ
  • 大豆
  • ピーナッツ
  • 豆腐
  • ルチン|血圧を下げるために補足的な栄養素

  • トマト
  • そば
  • ルイボスティー(発酵前)
  • アスパラガス
  • フコダイン|血圧を下げるために補足的な栄養素

  • めかぶ
  • 昆布
  • モズク
  • ワカメ
  • カリウムを多く含むもの

  • パセリ
  • アボガド
  • パイナップル
  • よもぎ
  • 納豆
  • バナナ
  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • 大豆
  • モロヘイヤ
  • ゴーヤ
  • カゼイン|血圧を下げるために補足的な栄養素

  • カフェオレ
  • チーズ
  • アイスクリーム
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • 硫化アリル|血圧を下げるために補足的な栄養素

  • 長ねぎ
  • たまねぎ
  • あさつき
  • エシャロット
  • らっきょう
  • にんにく
  • わけぎ
  • らっきょう
  • にら
  • 酢酸|血圧を下げるために補足的な栄養素

  • 米酢
  • 寿司
  • 黒酢
  • オメガ3脂肪酸|血圧を下げるために補足的な栄養素

  • しそ油
  • えごま油
  • クルミ
  • 亜麻仁油(フラックスオイル)
  • 大豆
  • 枝豆
  • フィトケミカル|血圧を下げるために補足的な栄養素

  • 養素
  • ダイズ
  • セロリ
  • ニンジン
  • 甘草
  • ニンニク
  • キャベツ
  • ショウガ
  • ナス
  • トマト
  • ピーマン
  • タマネギ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • 芽キャベツ
  • メロン
  • ターメリック
  • オレンジ
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • 玄米
  • 全粒小麦
  • 大麦
  • 飲み会でも大活躍!血圧を下げるための飲み物

    飲み会で少し飲みすぎたかなと感じた時に飲むと
    血圧を下げることが期待できます。

    青汁

    青汁にも非常に様々な種類があります。様々な野菜や果物が含まれていますので高血圧を抑えてくれます。

    お茶(蕎麦茶や緑茶や大麦茶と玄米茶)

    カテキンの含まれる成分は高血圧を改善する働きがあります。
    蕎麦茶はルチンが多く含まれ血圧を下げます。

    以上
    紹介してきた食材を主とした成分の飲み物であれば高血圧を抑えてくれますから血圧が気になる方はおススメです。

    血圧を下げるには?高血圧にいい習慣

    何だかんだで
    毎日1日20分程度のウォーキングが最もおすすめです。
    ウォーキングも厳しいようなら30分程度ストレッチをするだけでもかなり高血圧が変わります。
    更に毎日できるだけストラッチを最低でも10分行う。

  • 深く深呼吸しつつ前進を意識して歩く
  • 厚生労働省の内部にある国民の健康運動作り内の
    「健康日本21」というものがあるのですが。
    毎日男性と女性の理想の平均歩数というものがあり

  • 男性の場合9200歩
  • 女性の場合8300歩
  • となっています。
    更に仕事で座ることが多い人にはよく注目してもらいたい数字でもあります。

    胃と腸も血液と関係性がある

    胃と腸が不調であると高血圧となりますから
    積極的に

  • 食物繊維
  • 乳酸菌
  • タンパク質
  • をとり腸内フローラを整えておくことも重要で必要でもあります。

    ストレッチの重要性

    お相撲さんは太っていたかつ筋肉質なのに高血圧でないのはなぜか
    それは体全身の体が
    怪我しにくいようにあらかじめ
    転ぶ事を想定していて
    柔らかくできているから体が血管を圧迫することがまずないから
    というところに注目した時にストレッチの重要性に気づくことができます。

    ですので運動よりもどちらかというと
    ストレッチのほうが高血圧の人の場合
    大事だったりしますので
    ストレッチは充分に行いましょう!
    また、
    妊娠している人でも運動は無理でもストレッチは
    実際に産婦人科でも無理なく勧められていると思いますので積極的に行いましょう!

    血圧を下げるために最も早く下げる方法とは何か?

  • 降圧剤が必要(漢方薬の方が実は安全)
  • 毎日適度な運動
  • 食事管理
  • 睡眠時間の確保
  • 充分なストレッチ
  • を自己規律を身につけつつ継続することは
    最低限大前提となります。
    でないと相乗効果により高血圧が改善する方法であっても水の泡になり途中で欲に負けて上記のいずれかを辞めてしまうと無駄になります。

    体に負担なく
    早く自分の希望通りの血圧の数値を出したいなら
    病院で出される薬ではなく
    漢方のお薬のほうがやはり体に負担なく
    血圧の巡りの改善も可能です。

    しかもただ血圧を下げるだけではなく
    血管の中を実際に綺麗にしたらといい事づくしなので
    高血圧でかなり悩んでいる人は
    漢方薬に切り替えるのも充分に有りだし
    漢方薬についてあなたが更に詳しく知る事で
    懸命な判断と言えることが理解できると思います。
    血流が身体の巡りを悪くさせている症状とは?
    人間は年齢を重ねるにつれて
    誰にでも
    血管内の構造上の問題から
    内皮細胞に有害物質がどうしても付着したりしてしまいます。
    これが動脈硬化の原因血栓が血管内に出来る状態となっています。

    動脈や静脈は体中を駆け巡っていて
    身体中どの場所でも血栓によって血管が詰まる
    血栓閉塞症が起こります。

    ですが
    納豆など血液中を綺麗にする成分が含まれている
    食物を定期的に毎日食べている人や
    血管年齢を若くさせるような日々を過ごしている人に関しては
    血管内の内皮細胞に有害物質が付着したとしても
    綺麗になっていくので
    血管に関する病気にかかりにくい状況となることが
    分かります。

    更に元々からくる血液自体をサラサラにする薬を
    日頃から服用することで
    相乗力で血栓閉塞症になる確率を最大限に高めていくことができます。

    血液をサラサラにさせる方法
    悪化させないために今からできることとは何か?
    注意すべき点とは何か?

    が詳しくわかるので
    血流と薬とをうまく使い
    血液をサラサラにし巡らせようと思っていた人は
    是非読み進めて参考にして見てください。

    TOP|高血圧のお薬!

    スポンサードリンク




    投稿日:2018年2月11日 更新日:

    Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.