血流を改善する方法とは?生きやすくなったポイントまとめ

目次

血流を改善01

人間の体を生きやすくするための血流改善方法は何か?

血流はある流れを経て綺麗になって生きます
その流れとは?
血を生成する→増殖させる→体全体にを駆け巡る。
の流れをひとつひとつ最大限に通過していく必要があります。
血流の改善方法も
運動と習慣による方法に分かれます。

習慣による方法の場合

ストレスに身をさらさない

人間の体は自律神経が優位に働きますので
僅かでもストレスを感じることがあったなら
自律神経が働いて交感神経が刺激され血管自体が
収縮しますから
血圧も高くなりますので合併症の原因ともなるので
ストレスはなるべく避けましょう。

食生活

さらに血液を作るために重要な役割を果たす
臓器自体または体を冷やさないように心掛ける必要がありますし健康的でなければなりません。

胃と腸を元気にしておく

その臓器とは
胃や腸となりますが。
胃や腸の状態は例えば

  • 食物繊維(乳酸菌が増える)
    納豆、くだもの、なめこ、ごぼう、アボカド、わかめ、はちみつ、オクラ、抹茶、ココア、プルーン
  • 水分
  • ビフィズス菌(乳酸菌の元気が出る)
  • オリゴ糖(乳酸菌の元気が出る)
  • 胃も極端にすぐに良くなることはまずないので
    半年間と長期間後に改善させるのを目処に
    いや腸内環境を整えましょう!

    体を冷やさない食べ物をなるべく多く摂る。

    【血液中を綺麗にしてくれる食べ物】

  • 青魚
  • 納豆
  • 梅干し
  • ポリフェノール(緑茶、ワイン、ココアなど)
  • 玉ねぎには脂肪類を血中に入れないように促し排泄させる働きがあります
  • 【体の温度を上げる食べ物】

  • 根菜類
  • 生姜
  • 蕎麦
  • 赤身の強い肉
  • 【体を冷やす食べ物】

  • くだもの
  • 意外かもしれませんがお野菜
  • 睡眠
  • 運動不足は体の代謝エネルギーの低下ですが
    筋肉疲労による高血圧症は筋肉がいわゆる凝る状態となると血管が筋肉により
    圧力がかかるために引き起こりますので血行が不良状態に陥ります。

    血行不良となると疲労による成分だけでなく毒素を含む物質も留まりやすくなり
    物質自体も血管内に留まり続けると硫化水素などの嫌性菌となりますので
    コリも思っている以上に非常に危険な思わしくない状態といえます。
    たとえば
    慢性首のこりで悩んでいる人は非常に多いと聞きます。(脳の重さは4.1kgと言われています。頭蓋骨など他の質量も加算するとおよそ5.0kg~6.0kgも首は常時支えています)
    同じ姿勢であると血液の循環自体が悪化しますから
    理想は適度に常に首の筋肉も動かしておく必要があります。

  • 食事
  • は大事です。

    血が新しく作られるときに体がより作りやすい環境をあらかじめ意図的に作っておくことも大切です。
    人間の血が作られる時間帯というものが存在します。
    要はその時間帯に体がリラックスしていれば良いというわけです。
    その時間帯とは
    AM0時から4時の間です
    AM0時というだけあって
    お布団に入る時間帯自体は10時過ぎには入って居ることが理想です。

    昔から漢方でもよくいわれていますが
    深夜0時は陽と陰という世界観があり
    2時程となると陽と陰による転換が終了されると言われています。
    その後に新しい血も作られて生きます。

    ですからAM0時から4時の間の時間帯には確実に
    睡眠の質もできるだけ高い状態でお布団で
    眠って入られて居る状態が望ましいと
    昔から伝えられていますし実際に
    血液もこの時間帯に作られています。

  • 仕事が忙しいからそんなの無理
  • 寝付きが悪いから無理
  • という方も多いと思います。
    要はこの時間体に数時間でも慣れていればいいので
    そこまで厳密に考えなくてもいいでしょう。

    ですが高血圧症であって長期間そういった
    環境が続くようならあまりオススメできたものではないと言えます。

    また寝付きが悪い場合には
    なぜ悪いのか?を考える必要もありますが
    体は資本ですから
    体調を一度集中して良くしてみるために健診や休暇を思い切って取ってみることも大事です。

    胃や腸を元気にさせるだけでも
    寝付きが良くなります。

    運動することも血流改善に大切

    代謝低下によって腎臓を通る血液の量が減ってくると
    体内には毒素が溜まりやすくなり
    血管内にも悪玉コレステロールが溜まり
    動脈硬化など様々な合併症の原因ともなりえます。

    ですから
    体内の血流を良くするために
    毎日呼吸を意識してよりリラックスのできるスピードで歩く時間を増やすことを
    すると、体中に脳から全身にセロトニンの物質が分泌されますからより体にも良くなります。

    昔からアメリカの特殊部隊などでも取り入れられて居るような
    呼吸方法のように1秒空気を吸って4秒間吐いてを繰り返すことで最も心拍数精神面が落ち着くとされているため
    1秒吸って数秒間息を無理なく吐くことをイメージしてウォーキングがおススメです。

    運動の中で最も血流に影響することのある部位とは足?

    体でもっとも歳を重ねるにつれ血流が悪くなるのが足です。
    足の部分は心臓の血流力が最も伝わりにくくなっているので下半身の筋肉が弱いと血流の力も顕著に現れてきますので
    足の筋肉特にふくらはぎは重要となります。

    足の筋肉が弱くなると

  • 足が冷える
  • 疲れやすくなる
  • 下半身の病気にかかりやすくなる
  • ことが考えられます。

    また筋肉の力が支える部分でもあるために
    質量自体も本来は多い場所でもあるので
    血流の巡りが強く影響する場所ですから
    下半身の筋力を最低限鍛えておくことは
    生きていく上で健康に生活するためにも
    必要なことと言えます。

    下半身を鍛える方法では
    スクワットがオススメですが
    膝が痛かったり
    痛めてしまうことにもなるため
    基本的にはウォーキングがいいでしょう。

    足の運動後は
    普段足を運動していなかった人ほど
    足がつりやすくなったり
    硬くなったままで代謝が低下している人が
    ほとんどですから
    足先から太ももにかけて良く揉んでほぐしておきましょう。

    マッサージで体内の血流を改善させる方法

    人間が体温を維持できて居る理由の1つとして
    血流の中を流れている血が巡っているからなんです。
    他にも栄養や酸素体内で発生した硫化水素と二酸化炭素などの毒を腎臓や肝臓に運び排泄させる

  • 体温維持機能
  • 栄養酸素
  • 体内の毒素を排泄させる
  • 働きがあります。
    ということは
    体が冷えると

  • 体温が維持できない
  • 栄養不足となりかなりの数量ほぼ全ての病気にかかりやすくなる
  • 体内に毒素物質が驚くほどに溜まる
  • 体が悪くなるところではなく
    あなたに関わってくるほど悪化するので
    どれほど血液が人間にとって大切なものかがわかります。

    血流が悪くなった気付きやすい時の体への症状

  • 認知症
  • ガン
  • 各臓器の機能低下と合併症
  • 体重の変動が大きい
  • 異様に疲労感が高い
  • 眠れなくなる
  • 腰が痛い
  • 首や肩のコリ
  • 肌の荒れやくすみがひどくなった
  • 血流が体に及ぼす害の大きさや
    あまりにも大きすぎる中には生死を分けるほどの
    病気にかかる症状の種類が多すぎるために
    今までに実際に
    血流を改善して体が頑丈になると心までをも変化します。

    心技体というように心も体も繋がっています。
    ですので
    人生がガラッと変わるという人も少なくありません

    それほど血流が体に及ぼす影響というものは
    私たちに大きな役割を果たして居ることからも分かります。

    ですので
    是非血流は改善してみてください。
    血流改善はあなたの人生までをも影響しています。

    TOP|高血圧のお薬!

    投稿日:2018年2月10日 更新日:

    Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.