血管の年齢をご存知ですか?血管年齢まとめ

血管の年齢01
今や日本人の全ての死因ランクトップ5に血管の病気が関わっています。
当然日本人の5人に1人が血管の劣化が影響している病気で命を落としていると言われています。

人間は年とともに
実際には動脈硬化が進んでいるのです。
血管年齢とは今の自分の年とどの程度悪化しているかをみるものです。

そうならないためには
出来るだけ血管にハリやコシを若さを与え劣化させないことが重要になってきます。
テレビでもよく血管年齢などと取り上げられているとおり血管年齢はそれほど重要であると多くの人に知られています。

ですが実際のところそこまで血管について正しい知識や対策を取っている人が多いのも事実です。

そうならないために
正しい方法で血管年齢が現代病ともなっているに二十代なのにもかかわらず50
代の血管年齢と診断される人も少なく無いわけなのでこれから血管年齢自体頑丈にハリコシのある若い血管へしていきたい方は是非参考にしてみてください。

血管が劣化することによる体への発症例髪肌シワ、たるみ、くすみ白髪抜け毛毛が細くなる冷え体のコリ腰痛が発症します。

さらに悪化すると合併症により『血管による日本国民TOP5の病』への生命の危機にも繋がりますからいつまでも若々しくいたい方なら是非避けたい症状ばかりですので血管年齢には注意深く対策していたいものです。

実際に70代へとなってくると体の血管や各所がいかに大切なものであるか体は資本という方が身に染みてわかってくる方が多いですので
早いうちに対策を取っておく必要があるわけです。

血管で起こる病気とは?

  • 下半身(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤)
  • 頭部(脳梗塞、蜘蛛膜下出血、脳血管性認知症、脳出血)
  • 眼球(糖尿病網膜症)
  • 体(心臓:心筋梗塞、狭心症。
  • 腹部:急血性大腸炎。
  • 腹部:腹部大動脈瘤、急性腎不全、虚血性大腸炎、腎硬化症。
  • 胸部:急性大動脈解離、肺血栓塞栓症、胸部大動脈瘤。
  • 胸や足:閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤)
  • 血管の構造から血管年齢を改善していく

  • 中膜
  • 血管の弾力を決めるもの。
    外側からの圧力を血管内に悪影響の内容に調整する機能を果たしています。

  • 内膜
  • 『血管年齢劣化や改善の根源とも言われる』血管内を通る血と直接接触する大事な部位でこの場所に悪玉コレステロールが詰まることで動脈硬化が起こる。
    線維室でさらに膜ができ内皮細胞で構成されています。内皮細胞も悪玉コレステロールなどの害のある成分を詰まらさないように入らないようにしたり血をサラサラの状態に促すための役割を果たします。
    加齢となると内皮細胞は酸化してきて動きが鈍ったり内皮細胞の厚さ自体が薄くなってしまったりします。
    ですが、血管年齢を担う内皮細胞は生活習慣を正すことで血管年齢を下げ改善することが出来ることが分かっていますのでその対策方法に多くの人から注目が集まっています。

  • 外膜
  • 血管外部から影響するあらゆる角度からの抵抗として働きかけ血管内を守っている。

    血管年齢を劣化させていないのか1日を思い出し反省する

  • タバコは吸いますか?
  • お酒は飲みますか?
  • 脂っこい揚げ物は好きですか?
  • 肥満と診断されますか?
  • 最近一年以内で体重が大きく10kg程度変わりませんでしたか?
  • 運動不足ではないですか?
  • 腹8分目以上食べることは多くありませんか?
  • インスタント製品をよく摂っていませんか?
  • 当然当てはまってしまう人ほど高血圧症の習慣を取っている傾向が強いので
    実際に更年期の症状が心配される50代から60代の方々は要注意です。

    医院の循環器内科や心臓血管外科で様々な診断は1分で終わります。

    【動脈硬化測定装置】(心臓足首血管指数計(CAVI)、指尖(しせん)加速度脳波計、脈波伝搬速度計(PWV))を使い

    データをは参照の上で血管のおおよその年齢も分かりますので気になる方は一度受診してみるのもいいかもしれません。
    実際に受診するまでは
    今からでもご紹介する血管年齢改善対策をしておきましょう!

    血管年齢を劣化させる原因とは?

  • 喫煙(体への過剰なストレス)
  • 糖尿病(体の過剰糖化)
  • 悪玉コレステロール
    高血圧症以上が悪化すると動脈硬化となりさらに悪影響環境に
    血管を晒すような生活習慣を過ごしていくとどんどん血管は劣化していきます。
  • 血管が劣化する理由や原因は沢山あります。
    ですがどうあれ結局実際に劣化しますので以上の生活習慣はやめておきましょう。

    血管年齢は内皮細胞を巡らせるということ

    まずご自身でできることは第1に食ありきで体の細胞自体作られます。

    『食』という文字自体人を良くすると書いて"食"ですので食生活を正すことが第一歩、
    内皮細胞が巡り出せば体中へ酸素と栄養が巡り美容面だけでなく血管による病からも縁遠くなります。

    塩の摂りすぎにだけは注意しつつ
    塩分排泄体質にしていく浸透圧という体の防衛機能で血圧が上がるのを避けます。
    塩自体摂りすぎると免疫や血管を傷つけてしまいがちになるので摂りすぎには注意が必要です。

    目安は1日多くても6gです。
    特に加工食品は私たちが感じている以上に多く含まれていますので表記にも注意が必要になります。

    塩分を体の外へ積極的に出す働きのある成分を含むミネラル(マグネシウム、カルシウム、カリウム、水溶性の食物繊維)を多く含むきのこ類豆(納豆、大豆)芋ドライフルーツ青魚小松菜海藻ごまオートミールキウイ玄米かぼちゃゴボウりんごくるみは塩を体外へ積極的に排泄させてくれます。

    中でも食卓に取り入れやすいのが納豆と青魚聞いたことがある方も多いかと思いますが魚や大豆のタンパク質は内皮細胞を活性化させ頑丈にさせ血管の巡りを良くさせます。

    また動脈硬化の対策ともなるEPAエイコサペンタエン酸やDHAで有名なドコサヘキサエン酸の脂肪酸が多く含まれているのでお勧めできます。
    さらにこれだけではなく納豆に含まれる大豆サポニンや大豆イソフラボン自体に酸化させない成分が含まれ血液をサラサラさせます。

    納豆には血管内にできた塊による血栓を溶かす働きも認められています。

    毎日自ら出来るだけ運動をする家から駅まで歩くように変えるなど今まではかと感じていた距離を敢えてバスなどを使わない選択をして運動量を意図的に上がらだけでも内皮細胞が若々しくいられる秘訣です。

    持病で腰が痛かったりする人は日々ストレッチを10分程度行うだけでも体が柔らかくなりますので血管を圧迫することがなくなりさらにかなり血管年齢向上にもつな
    がります。

    TOP|高血圧のお薬!

    投稿日:2018年2月10日 更新日:

    Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.