血管の病気による合併症で引き起こる前兆とは何か?

血管の病気01
血液は血管を通過して普段から運んで供給しているものは

  • 酸素(動脈)
  • 毒素や有害物質老廃物(静脈)
  • 栄養(動脈)
  • 血管内に血栓が
    詰まることで
    動脈瘤と動脈瘤とになる。

    となると平気で血管が破れたり
    血流が止まることが起こるすることがある
    しかも血管は全身に派生されているものなので
    かなり何箇所も同じように血管にに血栓が溜ることによる被害も血管だけにとどまらず

    人間が生きていく上で最も大切な臓器器官である
    脳や腎臓そして腎臓全てにも閉塞症や血栓症そして縮窄症状を引き起こし機能しなくなると血管や血液が流れているために生死に関わる問題となります。

    各臓器を例に血液の病気による前兆による症状とは何か?

    体の中でも太くよく動くのが大動脈
    この大動脈が血栓によって詰まると血管が詰まった箇所だけ膨らんだような形をしていて3種類に分けられる。

  • 解離性瘤:血管が破れその上に瘤が出来ている。
  • 真性瘤:血管自体とても劣化して瘤となっている箇所
  • 仮性瘤:血管が破れ穴が空いた場所にできる瘤
  • であって
    それぞれ超音波やレントゲン撮影により
    症状の有無をより明確に判断することで
    どの場所に瘤が出来ていて現段階ではどのような瘤が出来ているのかが容易に判断出来る。

    血管の検査後の瘤の治療をしないでいるどどうなるか?

    血管障害による特に瘤による障害を放っておくと
    以下の症状が最悪悪化した場合顕著に現れるようになります。

  • 瘤だけではなく血管にできている瘤と繋がっている血液の供給先に与える影響も大きい。例えば脳そして腎臓なら脳卒中や腎不全などとなる可能性は決して低くはないので体全体に与える影響は大きい。
  • 瘤ができている場所周辺ではあまりにも詰まって放っておくと症状が悪化して血管が破裂して血液が体外へ大量に流出しまう
  • 血管が血液により圧力がかかり瘤として血管外へ圧迫をかけている先が各器官である場合に各器官へ悪影響を及ぼして機能障害を引き起こす。
  • 瘤の大きさにより危険度も多少変化したりしますが
    障害を引き起こさないためにはまず
    前兆のような症状は目立って起こらないことが多いので急に血管が破裂したりしてしまいます。
    ですので行きつけの医師に
    胸部は腹部は超音波検査そして胸部はCT検査などがありますから
    高血圧で以前に病気になったことがある人や
    高血圧により体調がどうしても気になる人は定期的に
    診断してもらいましょう。

    血管の現代最先端手術方法とはどういった方法で行われているのか?

    動脈の閉塞症は急に起こる場合と慢性的にゆっくりと血管内細胞に血栓(血栓症という)ができ詰まるのに分かれる。

    慢性の閉塞症

    高齢化による動脈硬化の進行とバージャー病そして閉塞性動脈硬化症とがあります。

    閉塞性動脈硬化症

    動脈硬化によって生活に支障が出るようになってきます。
    覚悟しておきたいのは
    70代と歳になってくるとどうしても
    体中のどこかの循環器系に異常が出ます。

    ですので、70代で運動すると血流の流れが
    循環機能が動脈硬化により
    運動に必要な血流量が追いついてきません。

    となると足が痛くなったりしますので
    歩行するのが難儀になってきますよね。

    最悪なのが何もしていないときにも
    必要なのが全身への血液の供給量をも
    全身内の動脈硬化により『巡ることができなくなり』

    最悪手足やあらゆる体の部分が壊死したり機能しなくなったり非常に怖い症状や合併症なども考えられる分顕著に体として実際に現れてくるので
    『50代から60代からは特に自分の家族のことや老後のことを考えると、血管内の巡りに注意を降り注いだ方が懸命であると言えます。』

    首のコリや肩のコリも
    筋肉がどうのこうのよりも
    流れる動脈硬化により脂肪や血栓がこびり付いていることが原因で凝っているように感じている人も多いので
    首や肩のコリが取れない人は血管を綺麗にした方が
    取れることが多いのも事実です

    急性の閉塞症の場合

    血栓症を引き起こしてしまう原因として
    血の塊が出来やすい環境ができている場合
    その環境には血の塊が出来ているので心臓自体の不整脈などによりより血の塊ができている環境の血の塊が全身の動脈に流れることで血栓が出来るようになってしまう。

    例えば細かい血管が流れる抹消血管などを閉塞してしまう『閉塞症』が引き起こる。

    閉塞症が起こった場合極端に以下の症状が現れ始めます。

  • 手足が冷えやすい
  • 手足がしびれやすくなる
  • 手足の謎の痛み
  • と生活に支障が出る羽目になってしまうので
    すぐにでも手術をしておく必要があり
    以前に不整脈や弁膜症など同期が多い人動脈硬化の進んだ人はとくに注意が必要となります。

    血管内に水分が減ると血管内では粘土が上がりLDL(悪玉コレステロールにより)血液が詰まりやすくなります。

    細い管のものを直接血管内に入れて血管内に原因となっている瘤を取り除く方法が増えてきていますが、現段階ではまだまだ瘤なできている部分はもう取り除いてしまい
    人工血管を取り付ける方法が
    主流となっています。

    どんどん今後も診断の質も上がってきているので
    定期的に血管内を見てもらうことで
    適切なタイミングで瘤があれば症状が悪化する前に手術が可能になります。

    診察してもらう際に必ず実行されるべきこと

    血圧の病気を起こさないために最低限されるべき診断項目も知っておくことで
    より血圧による病気を予防する役に立たせることができます。

  • 動脈硬化が進行することで心臓、腎臓、脳の重要な臓器に対する悪影響の対策
  • 動脈硬化となった『原因の追求』と対処法
  • 実際に合併症化している体への対処法
  • 血栓症と瘤の手術方法とは?

    『細い管(カテーテル)』を血管内に入れる応用も効く手術方法が体への負担も少なく効率の良い方法として選ばれることも多くなってきています。ですが
    ある一定までの症状までしか行うことができないのもあり
    そうなると『バイパス手術』となり人工血管を使った体の負担が増える手術がなされます。

  • 血管内に血栓
  • 血管内に瘤
  • 女性に多い足の静脈瘤の対処方法とは

    立ち仕事が多い人や妊娠してなる人や
    遺伝が強く影響します。

    ですので足の太ももから足先にかけて静脈が内出血しやすかったり
    『深部静脈血栓症』となり血管が腫れるようなやや痛みのあるような
    症状が当てはまる人は
    注意しておく必要があります。
    例えば赤く腫れたり紫色になり酷く慢性すると黒くなってきます。

    酷くなると激痛へと変わり休養を充分にとって
    治療に専念しなければ
    朝起きてからますます歩くのもままならなくなってしまい足に静脈瘤が出来ているだけなのに
    全身の血行の巡りが悪いことにより十二指腸潰瘍になりやすくなったり
    腹膜炎になりやすい体質にもなったりしますので
    要注意です。

    手で抑えればだいたいは症状は収まりますが
    弾力ストッキングを履くことで
    症状は良好となることも多くなります。

    そのまま
    針を刺して引き抜くなど
    医師によって対処は違いますが
    評判の良い
    医師に従った治療方法で行って見てください。

    なぜかと言うと
    足の静脈瘤の血栓が大きく剥がれ
    脳で詰まると塞栓性脳血管障害
    心臓で詰まると心筋梗塞
    肺などで詰まると肺塞栓症

    となり生命に関わる病気を誘発します。
    あなたのあらゆる生命を脅かす原因の可能性と
    深く結びついているので
    医師に静脈超音波検査や抗凝固療方法などしたがって
    休養をとり治療に専念してください。

    TOP|高血圧のお薬!

    投稿日:2018年2月9日 更新日:

    Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.