高血圧になる原因と習慣とは何か?|高血圧の薬

高血圧の原因01

高血圧の原因とは何か?

高血圧症となる原因は主に

  • 体内の病気により起こる原因
  • 生活習慣により起こる原因
  • とに分かれています。
    さらに

  • 一次性高血圧(原因が実は分からないもの)
  • 二次性高血圧(原因が明確である)
  • とに分かれています。

    一次性高血圧(原因が実は分からないもの)

    高血圧にかかってしまう人の90%は原因はよく分かっていないとされています。のちに遺伝や育ち続ける環境で高血圧症予備軍となるかが決定していっています。

    二次性高血圧(原因が明確である)

    薬剤によって高血圧症が誘発される症状

    ある程度高血圧症が誘発される薬は決まっています

  • バファリン
  • 非ステロイド系抗炎症剤
  • ロキソニン
  • ボルタレン
  • 肩コリやアレルギー性皮膚炎などに使用する薬液ばかりですので
    高血圧症で上記リストの薬剤を使いたい方は一度医師に相談の上使うか判断してください。

    ホルモン分泌量の異常

    内分泌性高血圧のことを指します。
    体内の塩分濃度をあげる働きがあるコルチゾールの量が増えすぎる病名クッシング症候群。
    そして、アルデステロンの量が増えすぎる症状、原発性アルデステロン症候群があります。

    大動脈疾患

    大動脈炎症候群すると狭窄しますから
    高血圧症へとなります。

    腎臓病

    腎臓が悪化(多発性嚢胞腎、痛風腎、急性腎炎、慢性腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化炎→最悪腎不全)すると
    体内で引き起こるあらゆる毒素である水と塩分類を
    アンモニアとして排泄する機能も低下し
    当然体の浸透圧機能が働き
    あらゆる体内の液体や血量も増えるので血管が拡張され高血圧を引き起こします。

    腎動脈の狭窄(読み:きょうさく窄まり狭い様)

    腎動脈が狭窄となると
    血圧が高くなるレニンが腎臓から分泌されます
    こうなると高血圧症になります。

    体内の病気により起こる原因

  • 体内のホルモン異常となり分泌される量も増えすぎてしまう病気などの合併症
  • 腎臓病によっても引き起こります
  • 野菜不足

    ミネラルが不足

    糖尿病

    糖尿病の人が高血圧ではないですが
    糖尿病の人はそうでない人に比べて約2倍高血圧になりやすいということが分かっています。
    糖尿病で肥満の人の場合体中に血液を送るのに全身かなりの圧力も必要となるために血圧が高くなりやすくなっています。さらに血糖値を調節するためのインスリン量も低くインスリン投与により多めのインスリンが体内に入ります。このインスリンは血管収縮によりさらに腎臓の排泄機能をも下げたりするために高血圧症となります。
    それと、糖尿病は血中内にブドウ糖が増加するので
    浸透圧が機能して血液の量が増え拡張するので高血圧症となりやすくなります。

    加齢

    歳を重ねてくると血管もどうしてもプラークなども溜まりやすくなりハリもいまいちになります。
    腎臓や脳などの細い血管においても同じ事が言えますから細い血管の場合細動脈硬化と言います。

    動脈硬化がさらに悪化すると
    血管が破れて出血多量となる脳出血(年間死亡者数脳出血による原因では3万人弱)となります。

    遺伝

    高血圧症自体親から子供へ遺伝することは考えられるのでしょうか
    実際に臨床結果からも両親から子供へ遺伝しているかどうかはまだ解明されてはいません。

    ですが体質的な問題で
    両親が高血圧症を患っている場合に
    子供が将来高血圧症になる確率は
    60%程度

    片親だけが高血圧であるなら
    子供はさらにその半分
    30%程度で
    両親自体健康体であるなら
    子供が高血圧症になる確率は
    10%程度という事はわかっています。

    が育つ環境やその人の性格と習慣によっても
    高血圧症となるかどうかが決定づけられていくために
    遺伝的な事が原因であるとは言い切れません。

    生活習慣により起こる原因

    塩分の過剰摂取

    脳に記憶されている『人間の体という構造』から
    人間の体は骨髄質以外では全て体中の体液の濃度を均等に保とうとする働きがあります。

    濃度が少しでも濃くなったり薄くなったりと変化すると体内にある水分が必要となり
    水分を多く含みすぎてしまったり、水分が足りなくなってしまったりする症状が起こります。

    こうなると人間の生態維持エネルギーはかなり低下してしまいます。

    ですので
    塩分が体内に多く入ると
    体は塩分を分解処理しようと水分を多く欲しようとしますから
    体内で循環する血液の量(細胞の中、腎臓の中にも水)が増え続けて
    血管を拡張させて心臓までも広がり(腎臓肥大症)ます。

    さらにこの体内環境が長期間継続されてくると
    高血圧症やあらゆる合併症を引き起こす原因となります。

    特に血圧が高すぎる人の1日の塩分の量も医師から指定され
    6g程度が良いとされ血圧に以上がない人でも理想量は10g未満にしておく必要があります。

    妊娠により高血圧になる妊娠高血圧症候群

    妊娠したことがある方ならご存知の方も多いと思いますが
    妊娠後の20週期目から出産後の12週に高血圧の症状が出た場合で腎臓からの排泄でアンモニアの尿の中からタンパク質が多く検出出来た場合には妊娠高血圧症候群とされます。
    自分の赤ちゃんを育てるための胎盤への血管を派生することに失敗したときに高血圧になるとされています。
    上手に栄養が行き渡るための血管類が作られない状態となると赤ちゃんが大きくなりませんので
    新性の血管が作られるまでは
    お母さんの体から無理を敷いてでも血管から栄養を運ぼうとします。ですからこのタイミングで高血圧症を発症するといわれています。

    アルコールの摂りすぎ

    適量によるアルコール量は血圧自体下げる役割を持っています。
    過剰な摂取をすると血管が収縮して血圧が上がります。
    休肝日も作り、適量で飲酒するようにしましょう。

    メタボ肥満症

    体に着く脂肪の量が増えると体内の酸素を消費する量も増加するので
    血液の心拍量と体中を循環する血液の量が増える事によって高血圧症へとなりますのでメタボや肥満症の人は各企業でも良くジムへ行くことを勧められたらしているわけです。
    〈理想の体重の公式〉=身長ー100×0.9±10%以内

    また動物性タンパク質をとりすぎると体内ではLDLコレステロール(通称:悪玉コレステロール)は、肝臓からコレステロールへ末梢(まっしょう)の細胞の場所へ移動させる重要な役割も担っています。

    しかし、LDLコレステロール自体当然増えすぎにも問題があり増えすぎる事で血管内のにしか行く場所がなくなるために血管の壁側にひとまず停滞し続けます。

    こうなると脂肪が固着した状態(通称:プラーク)となり、こうなると血管は収縮しがちになるので動脈硬化の原因となります。

    喫煙者である

    タバコに含まれる有害物質により末梢血管が収縮することで高血圧症となります。
    タバコによる迫害は
    ニコチンという物質は
    交感神経に働きかけるために
    血管を高血圧症にさせます
    さらに煙に含まれる一酸化炭素が血中酸素をどんどん吸い取りますからあらゆる体内の臓器に悪影響があります。

  • 虚血性心疾患による狭心症や心筋梗塞
  • の原因ともなります。

    ストレス

    血管内は体の自律神経によっても調節されています。
    自律神経機能を低下させるような習慣例えば睡眠時間や体が極度の過労や疲れにさらされていないかなどを見て休息を多めに摂るようにしたりと体調管理をしてトータルで高血圧症となる習慣から早く離れる事がまずは先決です。
    また、ただ緊張したりしたときにも高血圧になったりします。

    精神疾患

    患っていたら赤信号です。

    何かに思いっきりストレスを発散する場所八つ当たりできるような趣味を作る。
    例えばスポーツ系体を鍛えたりして代謝を上げる事や寝具を良いものにするなど睡眠の質を上げると尚いいかもしれません。また適度な運動量を上げることオススメはウォーキングで心肺機能を高める事にもつながります。

    オススメのスポーツ

  • ヨガや体操
  • 水泳
  • ウォーキング
  • ゴルフ
  • 軽いジョギング
  • してはいけないスポーツ

  • 重量のある筋力トレーニング
  • 体に極端に負荷のかかる筋力トレーニング
  • 高血圧症の人は特に自分の悩みのタネも分かり頭をスッキリさせ体の疲れも溜まりにくくさせる事が先決です。

    気温の低い場所に居て体の冷え

    気温が低い場所にいると血管が収縮すると血圧が上がりますですので

  • 体の太い血管が通う場所首や手首などを防寒具で温める
  • 温度差の違い場所から場所に移動するときに血圧が上がりやすくなる
  • お風呂に入るときには血圧が高くなり浸かっているときは低くなります。出るときは下がりますのであまり高温のお風呂に急に入らないようにします。
  • ので特に気をつける。

    以上が原因で

  • 末梢動脈に流れる血液に対しての抵抗度合いの抹消血管への抵抗
  • 血液の粘度である血液粘稠度
  • 心臓から体全身へ駆け巡る血液の量である心拍出力
  • 体にある血液量の血液循環量
  • 特にあらゆる体内で引き起こる原因の中でも
    末梢動脈と心拍出力に悪影響を及ぼすことが
    高血圧となる原因として懸念されています。

    高血圧症の人が取るべき習慣とは?

    人間には自然な土地柄にあった細胞の記憶というものがあります

  • 睡眠時間をしっかりとった早起き
  • 食事は抜かずに1日3食摂る
  • ことが大切です。

    高血圧自体原因は特定的なものと
    特定できないものがあることに触れました。
    自分が高血圧症である原因と考えられることを全て
    辞めるようにして対策をしていきましょう。

    どうしても高血圧症が上がらない場合
    高血圧の薬を飲む必要もあります。
    高血圧の薬は薬局までも行ってから
    ようやく受け取れますが

    ネットでも買うことも出来ます。

    TOP|高血圧のお薬!

    スポンサードリンク




    投稿日:2018年2月9日 更新日:

    Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.