高血圧の薬の副作用によるめまいの原因と対策【7選目】

平衡感覚や三半規管という言葉を聞いたことがあるかと思いますが

高血圧の薬が原因で極端に血圧が低くなってしまった状態で急に立ち上がった時に脳まで血流が行き届かなくなり目の前が暗く感じる時に引き起こる起立性低血圧という症状によって
めまいが生じます
このめまいが生ずるのは以下が原因となっています。

平衡感覚をつかさどる
小脳や脳幹部分に出血や血管が詰まった時にめまいが出やすくなります

脳幹の役割の中に三半規管内で引き起こった情報をまとめるといったことがあるので
出血や血管の詰まりなどを起こすことによって
かなり強烈なめまいを引き起こすことがあります。

脳幹には間脳がありそこでは自律神経系をも調節しているので脳幹部分が病気になると特に強いめまいが発症して気分が悪くなり強いめまいに襲われ不安になります。

自律神経失調症となると
副交感神経がブレーキがかかり
常に交感神経が働く状況となるので脳だけでなく三半規管への血流の巡りも悪化するためめまいの要因となります。

脳の血液量が減った状態虚血状態でも引き起こりやすくなっています。

三半規管にはリンパの液体が入っていて
このリンパ液の傾きを三半規管が刺激され続けることによって今自分がどの向きで立っているかどうかを判断して人間は立ったり座ったりする動作をすることができています。

この三半規管内のリンパの液の量の増減などによって半規管と前庭器官のうちの前庭器官側に不順が発生すると体のバランス感覚が捉えれなくなりめまいを引き起こす症状が出ます。

高血圧の薬も血管が劣化している状態で服用すると負担も大きくなるのでより合併症をも引き起こしやすくなりますので
高血圧の薬だけではなく血管の巡りが良くなる習慣をする必要があります。

他に考えられるのが
めまいがするということはお薬の量が多すぎるから強すぎるからです

なによりも注目しておきたいのが
多少の副作用はしょうがないなどと副作用自体医師もあることを知りながら処方するほどですので
できれば高血圧の薬の量は減らして
血圧を下げたいものです。

高血圧の薬の副作用によるedの原因と対策【8選目】

実際男性で高血圧の薬を飲み続け
知らぬうちに、男性機能が低下することがあります。
高血圧の薬を飲むと血圧が低く抑えられてしまうため血流が悪くなってしまうことが分かっています。
ですから男性機能に充分に血液がもたらされないことが原因でedとなるとされています。

悩ましいのは高血圧剤を飲み続けedになったら
恥と感じて
医師にも相談せず年齢のせいにして
実際に病院に行くひとは
10%程度しかいないのも事実です。
薬の副作用でEDになった患者の割合も20数%程度と高血圧の薬を服用し始めてから明らかにEDになったというひとが10人に2人の割合で増えたこともわかっています。
そして、高血圧の人の50%がedとなっているという数多くの論文も見受けられます。

高血圧はedの三代原因とも言われているのをご存知でしょうか?
edの三代要素は

  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 高血圧

また体の持病や病気によりedになることを品質性edと呼びます。

中でもカルシウム拮抗薬を服用することで
男性機能の低下が著しく発症したといった報告が最も多くなっています。

薬を変えるもしくは
量を減らすことで対処されることが多いです。

公益財団法人日本医療機能評価機構が発刊する
ED治療ガイドラインにも高血圧の薬がEDの原因の1つであることとして記載されています。

ギリシャのテッサロニキ・アリストテレス大学チームでされた調査では
EDになる確率が高血圧の薬を服用している人は高血圧の薬を飲んでいない人に比べ
2倍近くも増えることもわかっています。

あまり考えられませんが高血圧の薬と
ed治療薬との併用を行なっている人も中にはいるかと思います。
死亡例もあるので心筋梗塞や狭心症の時に処方されることがあるニトログリセリンと併用すると悪化して死亡する確率がぐんと極端に上がるので通常医師の診断の元で指示通りed治療薬においても決して海外の輸入された医師に何も相談もしないまま使用しないよう避けて下さい。

男性機能を良好にさせるには血管を広げる必要があります。
男性機能を広げるのは一酸化窒素から出るcGMPと言われていますが
このcGMPは体内で非常に分解されやすい物質ですがed治療薬はcGMPを分解させない効果があるので
ed治療薬は血管が広がり抹消血管周囲の筋肉が緩んで男性機能に血流の巡りがよくなると行った経過を経ています。

ed治療薬も血管が広がりますから高血圧の薬と併用すると相乗効果で体中の血圧は低くなりすぎてしまいます。

最悪なのはアルコールを摂取したり脱水症状を引き起こし血管が広がり血量も少ない時の血圧が極端に低くなっている体質の状況で高血圧の薬とed治療薬を併用すると
めまいやふらつき、眠気や頭痛酷ければ合併症や失神を起こす可能性がかなり高くなります。

更にedは男性からすれば思っているよりもかなり重要視されるべき項目でもあります。

edではなく健康体の人と比べ

  • 前立腺癌
  • 肥満
  • 鬱病などの精神疾患にかかりやすくなる
  • 免疫低下
  • 狭心症や心筋梗塞と虚血性疾患の合併症になりやすい
  • ストレスホルモンの上昇

といった多くのデメリットが存在するので
できればすぐに改善しておきたい原因です。

食生活と運動やストレッチをするだけでも高血圧の薬は飲まなくてもいい状態までかなり血圧は改善されることが多いので
日々に是非取り入れて見て下さい。

高血圧の薬の副作用による脱毛の原因と対策【9選目】

体の毛が脱毛症になってしまう原因は
遺伝や体質そして高血圧の薬と習慣が関係しています。中にはトリコチロマニア(抜毛症)という自分の髪の毛を抜く習慣の付いている病気もあるほどですので

高血圧の薬が原因というよりは
高血圧になっているストレスや不摂生によって
脱毛症状が引き起こっています。

まずは本当に高血圧の薬で脱毛が起こっているのかを判断し医師に見定めてもらう必要があります。

不摂生が続きストレスが異常に溜まると交感神経が常時優位になり自律神経失調症などとなりさらに内臓機能が低下することと全身の血管内で動脈硬化が進行して髪の毛を作るための頭皮周辺の毛細血管の巡りが悪くなることによって
髪が生えにくい環境となったり
脱毛や毛が細くなるようになり
毛が抜け落ちると行った症状を引き起こすようになります。

実際に頭皮の毛細血管が動脈硬化が進み縮んでしまっていることが原因で脱毛してしまったりしますので
毛の生成を促すミノキシジルなどが有名ですが
その働きというものも血管を広げることで新しい毛を生成するところにありますがミノキシジルにおいても副作用もあるので医師に相談しつつ服用する必要があります。

実際に高血圧による副作用によって脱毛症状を引き起こしている場合

高血圧の薬を服用したことによって体中の血管自体が収縮して毛を抜け落ちやすくさせ更に体への合併症として内臓器官に悪影響を及ぼすことで

  • 免疫機能が低下して疾患を起こし自分の体の一部分を最近の誤って判断して内分泌異常Tリンパ球が毛根なども細菌と誤った判断され痛み脱毛症となる
  • アトピー症状を引き起こし皮膚上が赤くなり掻いたり皮膚が異様に荒れて毛が抜け落ちやすくなります元々皮膚は体に熱が溜まらないように体外へ逃がす働きがあります。肌の調子が悪いだけで皮膚上だけでなく血管や内臓器官が病気になりやすくなります
  • 内分泌異常による男性ホルモン過剰により頭髪の成長の阻害。男性ホルモンは毛母細胞ではDHTという毛根を収縮させてしまう成分に早変わりして毛を抜け落とす力が強くあります。
  • 中でも女性の場合、
    男性よりも子供を子宮で育て自分の体も健康を維持するほどの自己回復エネルギーも元々体に備わっているため女性ホルモン(エストロゲンやゲスターゲン)による
    免疫機能が強いです。
    ですので免疫機能に異常をきたすと
    男性よりも女性の方が顕著にTリンパ球による毛根への攻撃が激しい傾向があります。副作用のない健康的な食品と生活習慣だけで高血圧はある一定までは改善できますので体に負荷のない方法でまずは改善していきましょう。

    高血圧の薬の副作用が運転に与える悪影響【10選目】

    高血圧の薬を飲んでいる人口は4000万人も言われている中高齢化も進んでいるので今後どんどん高血圧の薬を服用する人が増えてくることがわかっています。

  • 薬を服用することにより血管が広がり血栓が詰まって合併症を引き起こすもしくは血圧が下がりすぎてめまいや眠気やフラフラする
  • 血管の溜が破裂して出血し合併症を引き起こす
  • 薬は影響せずただ高血圧であるので合併症が引き起こる
  • すべての副作用の要因にもつながりますが他の薬との併用や実は、他の薬が影響していて副作用や合併症が引き起こる
  • 以上が高血圧によって交通事故になった大まかな原因です件数自体も特に高齢者の方に増加しています。逆に服用しないことでも
    運転中によるリスクは付きまといます
    人間は運転するだけでも血圧が50は上がるといいます
    ただでさえ血圧が高い人が普通に運転してかつ長時間運転すると
    血圧は240を超えてくると脳出血になる可能性も80%になりしかも体に障害も残るほどと言われていますから
    交通事故になる可能性もかなり上がることが予測できます。血圧が上がると悪化していた場所で異常が起こりやすくなり
    脳梗塞、心筋梗塞、動脈解離によりあまりの痛みの後に気を失い交通事故になっています。実際医師からも副作用としてめまいやふらつき眠気があることも説明されるので
    運転中による高血圧の薬はかなり注意確認が必要となります。高血圧であるだけで生命に関わる合併症の危険性は常に付きまとっています。

    高血圧と診断された後


    薬を処方されいつものように近場の薬局で受け取り
    簡単に飲むだけで血圧が下がるのですが
    高血圧のお薬自体
    何かどこかお薬自体体にいいものなのか?
    体へのリスクは無いのか?
    少しでも不安に感じたことはありませんか?
    実はその行動自体危険ではあったんです。

    その根拠というのも
    高血圧のお薬の最大の弱点について
    以前から以下のような記述は発表されています。

    高血圧症は安心安全な「漢方の巡り」で改善対策を実現可能に!

    急なコトで驚かれることかと思いますが
    「高血圧症のお薬」自体は
    早死にすることが実は臨床結果からも
    明らかにされ
    さらに各大学や研究機関からの学術書や論文書で
    知る人ぞ知る、実際の体への強い負担と副作用が
    発表されている代物でもあります。

    このサイトに訪れてくださった方には
    是非これから
    安心安全にも充分なまでに配慮された
    高血圧症改善のための

    • 正しい真の健康、知識を身につけて
    • 日々健康な体
    • 元気な日々を過ごすための人間関係
    • 今後の貴方のお仕事のパフォーマンスに繋げていくため

    にも
    お役立て頂ければと私共は思っております。

スポンサードリンク




投稿日:2018年2月10日 更新日:

Copyright© 高血圧のお薬!薬学博士監修:血圧薬の悪化ポイント10選 , 2018 All Rights Reserved.